2019年日本ダービー回顧。

こんばんは、すがのおーじです。

今年のダービーは結果的には荒れましたが、展開も意外だったし、思ったより上がりが掛かる競馬で、ある意味データ不足で回避は正解だったと思いました。

世代レベルそのものに疑問が出ても仕方がない結果でしたね。

1着ロジャーバローズ

戦績だけ見たら悪くは無いけど、G1にも出てないし、こんなん比較対照出来まへんがな(笑)

ダービーはやっぱり威厳のあるレースであって欲しいから、展開利で勝たれるのは嫌だなぁσ(^_^;)

2着ダノンキングリー

スローだったから距離は問題無かったのかと思っていましたが、実際レース見るとかなり速い流れで距離は問題ないようですね。東京は走るのは分かってましたから、着差的にもメチャクチャ悔しいでしょう。

現状では牡馬世代最強名乗って良いんじゃ無いでしょうか?レベルは別として(笑)

3着ヴェロックス

まあ、4着のサートゥルナーリア見ても皐月賞組上位なんでしょうけど、最近の牡馬クラシックは華のある馬がいなくて地味だなと(笑)

名前の印象もあるんでしょうが、さて秋はどうなっている事やら。

サートゥルナーリア

異例のローテで勝てたもんだから勘違いしちゃった?(笑)まあ、冗談ですが、東京走らせなかったのはダービー目指す馬としてはいただけなかったかなと。

ゆくゆくは走ってくるのでしょうが、器的にどうかと言う答えはまだ先になりそうですね。

さて、来週は安田記念?アエロリットが順調に仕上がっているみたいですが、アーモンドアイのお陰で楽しみも無くなりました(笑)

では、( ^_^)/~~~