モンスターハンターワールド:アイスボーンが初心者でもデータ無しの復帰勢でもすぐ追いつける!(ワールドクリア編②)&Switch light成功に見る、今後のゲーム業界のお話。

こんにちは、すがのおーじです。

一昨日よーやくワールドの方をクリア出来まして、クリア時間は結局43時間ほど掛かりました(^-^;

ネルギガンテが出たあたりからさすがにガーディアン装備も強化しないと死ぬようになったのと、古龍対策で火属性と水属性のチャアクの素材集めにモタモタしてしまったのが想定クリア時間より遅くなった原因ではあるんですが、キチンと準備すれば古龍やゼノ・ジーヴァで死ぬこともありませんでしたし、やはりアイスボーンを早く遊べるようにカプコンさんがクリアまでの道のりを緩めにしてくれているので、無印ワールドから始めた時とは比べ物にならないくらいの速さでクリア出来ましたし、最初から始める事に抵抗のある方は最初の40時間だけ我慢して貰えれば、ワールドやり込み組との差は若干あるとは思いますが、アイスボーンが始まるとマスターランク1からのスタートとなりますので、追いつくのも思っているよりかは遥かに早いと実感しましたので、今からでも是非是非初めて見て下さい♪

ネルギガンテが一番死んだ回数多かったですwこの辺りから一気に敵が強くなりますので、ガーディアン装備を強化するのはこの辺がベストかと。

ゼノ・ジーヴァは苦手意識があったので、1回でクリア出来るかちょっと心配だったんですけど、残り5分弱まで追い込まれましたが、何とかダウン無しでクリア出来たので(*´-∀-)ホッ-3と一安心。

やっぱり1時間近く掛けてクリア出来るのと出来ないのとでは全然違いますもんね(^-^;

ちょっと嬉しかったのは、ワールドでも期間限定では無かったとは思いますが、ウィッチャーとのコラボ企画のクエストが受けれるのは良かったです。まあ、動画見ててボスがチート級に強いのでめんどくさそうではありますがwマルチなら問題無さそうですし、限定装備が手に入ったり、ゲラルトを操作出来たりするので、ウィッチャーファンで無くても新鮮で楽しめそうです(*^─^*)ニコッ

まあ、問題はアイスボーン始まったのは良いのですが、フリークエストみてると既存のボスをマスタークラスに強化しただけで、これをこなしていかないと行けないのかと思うと非常に気が重くなってしまったのはワールドクリアまでで結構満足してしまった部分もあるのでしょうがwまあ、とりあえずスタートラインまでは辿り着いたので、ここからはノンビリプレイして行こうと思いますし、元々今後のアップデートのスケジュールがしっかり組まれている事を知って購入を決めたので、「遊びたい!」と思った時にちょこちょこと進めていく感じで行こうかと思います。

長ーいエンディングの後にゲームが再開されると、自動的にアイスボーンがスタートしました。

当然ながらタイトル画面もアイスボーンに変更されてて、やっと新作が遊べるんですね(^-^;

とはいうものの、初っ端から制限時間一杯の戦いを余儀なくされ、ちょっと先行きが不安にw

まあ、ボチボチ進めて行こうと思います( ^∀^ )ニコニコ

というのも、ディビジョン2で現在テスト中のTU6が不評みたいなんですけど、ベスティレンスが強化されて・・・

固有タレント:アウトキャストの疫病
同じ敵を20回撃つとアウトキャストの疫病に感染させる。アウトキャストの疫病にかかった敵が死亡すると、毒性の煙が10秒間発生する。この煙に入った者は200%武器ダメージ/秒およびペスティレンスを受ける

だったのが、武器ダメージ1200%まで強化されて動画で見た範囲ではLMGにしてはブレないし、敵は溶けるし、倒した敵の周囲に居る敵にまで毒が蔓延するのでメチャメチャ強かったんですよね。

なので、出来ればアップデート前にダークゾーンに潜って(σ・Д・)σゲッツしておきたいなと思ってます。

そうなるとまたビルドも組みなおしで面倒なんですけどwまあ今のアサルトクラッチビルドの1部位をフェンリスからペトロフに変更すれば良いだけで、あとはMOD変更とグローブでLMGダメージの高い装備を用意すれば完了なので、それほど時間は掛からないと思いますが、やはり問題は肝心のベスティレンスの獲得の方が気になる(-_-;)

今までそれなりにダークゾーンにはいたので出てないのは不思議だし、出てくれるのか不安なんで、出来れば早めに取りに行きたいのと、あとはミストオーバーの体験版まだやってないので、購入するかどうか決めたいってのもあるし、もう色々やりたい事は沢山ありますw

ただ、新作ソフトの話となるとこの秋には新作ラッシュと騒がれていますが、すがさん的には今年の秋はあまり強く惹かれるソフトも見当たらないので、逆に丁度良かったかなと。相変わらずSwitchが眠ってしまってるのが気になるぐらいでwそれにしてもSwitch lightは見事に予想を反して販売初週で17万台でしたっけ?正直誰もがビックリしたハズw

これはSwitchのコアユーザーが携帯専用として新たに購入したのと、3DS持ってて、Switch気になってたユーザー層の乗り換え組の需要と見事にタイミングがマッチしたり、やはり通常のSwitchでは携帯ゲームとしてはデカすぎるというスマホアプリゲームのユーザー層などから支持された結果かもしれませんが、それにしても任天堂恐るべしw

よっぽどしっかりとした事前調査あってのlight投入だったのでしょうが、誰もがlightに否定的だっただけに、潜在したニーズを見落とさなかった任天堂の勝利ですし、今後もスマホアプリの開発は継続していくのでしょうけど(最近はマリオカートも作ったんですよね)最初からスマホアプリからのSwitch、Switch lightへのユーザー取り込みが任天堂の一番の狙いだったのかもしれません。

まあ、最近ではiPhoneでPS4のコントローラーが使用出来るようになるなど、ソニーも携帯性には工夫を凝らしてはいるのでしょうが、今回のlightの成功事例から戦略を変更する必要性も出て来たと思うし、もう既にPS5では手を打って来る可能性も高いですけど、なんせPSの売りは高性能機なので、携帯性とを同居させるのは至難の業w

ただ、少なくても今回のPSVRの大幅値下げがどれだけの成果を残せるかによって、今後のPS5の機能においての方向性は大きく変更されていく事になるのかなと予想しています。

僕は全然PSに携帯性は求めて無いけど、少しでも進めたい、遊びたいって人には魅力はあるのでしょうし、ソニーがどういう形で携帯性の問題をクリアして、サービス提供してくれるのか単純に興味はありますね(*^─^*)ニコッ

って言うか、ぶっちゃけ高い金だして今のクオリティのVR買うぐらいだったら、画質とか落ちても携帯専用機を出して、データ共有を簡単にしてくれればみんな飛びつくと思うんだけどなあ。

と、すっかり脱線してしまいましたwでは、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))