2019年秋華賞回顧。

こんにちは、すがのおーじです。

ついつい馬券外れたものだから回顧が後回しになってしまい、明日はもう菊花賞となりましたがw初志貫徹でシゲルピンクダイヤから行ってれば・・・とも思いましたが、その前に馬場があそこまで回復するとは思って無かったので(重発表なので予想は外れてませんが、稍重に近い重でしたもんね)前日の晩に馬券を買う時、「時間もあるし当日の馬場状態だけ確認して買った方が良いかな?」とは思ったんですが、そうなるともう返って迷う事になりそうなのでそのまま買っちゃいましたが(^-^;今回は馬場というよりかは、早くはならないと思われたペースが思いのほか流れて、先行馬には非常に辛い流れになったというのが全てでしたね。

秋華賞

1着クロノジェネシス

輪乗りの際にテレビで+20キロと聞いて(゚Д゚)エッと驚いたんですが、馬体みると全く太目感も無かったので、こりゃやばいぞと思ってたら、やっぱり来ましたねw

バゴのイメージで早熟馬と見ていたんですが、この馬に関してはこの夏を超えて大きく成長したのだろうし、伊達にオークスからの直行ローテを選択して無い、調教師の相馬眼は流石だなと思いました。とはいえ、エリ女でピークと言う予想も付いてたし、今回は勝つまではどうかな?と半信半疑だったんですけど、今回は良い感じで人気も落ちたし、ダノンが目標になってくれてオークスより競馬はし易かったという好条件も揃ってましたね。

しかし、僕の期待馬は後に結構走るんだけど、馬券を買うタイミングで見放しているというのはやっぱり相馬眼が無いのでしょうかつД`)グスン

2着カレンブーケドール

戦績から見て今回も好勝負とは思いましたが、差す競馬は本来の形では無い分、勝ち馬には敵わなかったという結果だと思いますし、それでも2着に走るのだからやはり強い。津村騎手も今回良い経験を積ませてもらったと思うので、今後に繋げて欲しいですね。

3着シゲルピンクダイヤ

いや~、結果的に距離は明らかに長いのだけど、直線に賭ける競馬でなんとか3着に食い込む辺りはやはり能力の証明でしょう。

春は体調もあまり良く無い状態で走っていたので、適距離なら必ず力は出せるとは思っていましたが、軸馬が頼りなかったし、買うとしたら3連複の1頭軸フォーメーションだけど、相手絞り切れる自信が無いわw

パッシングスルー

スタートから手綱をしごいて先行させていった辺り、やはり馬場と展開が先行有利と読んだのだと思いますが、4コーナーではもう手ごたえが怪しくなり、直線はズルズル後退と全く見せ場無しw

まあね、穴狙うんだからこういう結果は致し方ないんだけど、やっぱり自分の気に入った馬はキチンと買っておかないと来た時に後悔するというのを今回もまた学んだというか、繰り返したというか・・・(;´Д`)

で、さっき菊花賞の方はさらっと見て予想は立ててみたんですけど、さすがに今回はペースも速くならないだろうし、上がり勝負にはなると思うんですが、ヴェロックスのお父さんがジャスタウェイというのが気に掛かりますね。ここまで2400まではこなしているようには見えますが、前走はスローだし・・・と思ったら、ダービーは厳しい流れを不利な外枠から踏ん張って3着は強いなw

前走もサートゥルナーリアには完敗したように見えますが、ヴェロックス自体も直線では殆どムチ入れてませんでしたし、本番を見据えた競馬をしている印象を受けました。

この調子で書きだすと菊の予想で書くことが無くなるので止めときますがw堅い決着は覚悟で今週も穴狙って行きますよ!

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))