2019年菊花賞回顧。

いや~、長丁場のレースのハズが直線で既に終わってしまいましたがw攻めて行っての結果だから、これは仕方ないと納得するしかないですね。ペースも遅かったし、馬場は思っていたよりかは力のいる馬場だったようですが、ユニコーンライオンにはやっぱり距離が長すぎたという結論で良いかと思います(^-^;絶好位につけれたし、悪くは無かったと思いますが、結果的には力のいる馬場だった分、仕掛けを遅らせた馬の方が上位に来てるし、差しレースと言って差し支えないかと思います。

菊花賞

1着ワールドプレミア

結果的にクラシック路線からは外れていましたけど、先週のクロノジェネシスとよく似たパターンでちょっと人気落ちた分、気楽に乗れた、あと枠が良かったという部分は大きかったですね。

しかし、まさか昭和・平成・令和と3元号でのG1勝利なんて記録が掛かっていたなんて知らなかったし、豊も50歳かあと年月が過ぎた事を実感せざる得ない感じですがw豊もまだまだ頑張って欲しいし、ワールドな活躍を見せるラグビーも今夜是非良い結果を期待したいものです(*^─^*)ニコッ

2着サトノルークス

ユーイチも以前に比べると一皮剥けたかな?凄い上から目線で失礼ですがw同じ年でデビューからずっと見て来たので、同期も殆ど居なくなってしまいましたが、和田君と共にまだまだ上を目指して頑張って欲しいものです。

サトノルークスはよーわからんけどwとりあえずデータ通りディープ産駒決着だったのはやっぱり馬鹿に出来ないなと思いました。

3着ヴェロックス

距離というより、勝ちに行った分と馬場がタフだったのが堪えた印象。

菊花賞はクラシック未勝利で押し出された1番人気馬は不振とか色々言われてましたが、馬自身の実力は間違いなくあるので、あとは勝ち切れるだけの「決めて」が必要となるのでしょうが、そこがG1馬と勝てない善戦馬の「差」なんでしょうねえ。

さて、来週はアーモンドアイvsサートゥルナーリアで、見てるレースかなw

近年は混戦が多かった秋の天皇賞だと思うのですが、果たして実績どおりで決着するのかどうか?アーモンドアイも年内で引退なのかなあ?などと気になる事は多いですが、メンバーはG1馬がかなり揃うと思うので、レースとしては豪華で楽しみですね・・・馬券はつまらないかもしれませんが(^-^;

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))