2019年有馬記念回顧。

こんにちは、すがのおーじです。

珍しく更新早いですが、馬券は残念ながら外れw

思いの外みんなはアーモンドが飛ぶ可能性も頭にあったのかな?と思う程配当の方も付いてない印象だったんですが、変にオッズに惑わされずに馬連で流しておけばとりあえず馬券はゲ──(σ・∀・)σ──ツ!!出来ていたのになと思うと悔しいですけど(^-^;まあ、ここまでのアーモンド見て来てパドックの様子からも体調良さそうだったし、敢えて言えば馬体がちょっと立派過ぎる??という気もしたんですけど、敗因の方は後日陣営からのコメントを待つことにしましょう。

有馬記念

1着リスグラシュー

2歳時から期待していた馬でしたが、結局馬券をこの馬から買ったケースは殆ど無く、最後まで信じて上げれなかった自分が悪いと凄く|柱|ヽ(´・_`・。)反省…w

ハーツクライ産駒と言う事もあり、お父さんと一緒で歳を重ねる毎に力を付けて行ったのでしょうが、宝塚記念といい、有馬と言い成長を表すような着差で勝ち上がり、まさかここまでの馬に成長するとは詰めの甘い以前の姿からは想像も出来なかったですよね。

残念ながら今回でラストランと言う事で、勿体無いと誰もが思っているでしょうが、矢作調教師も渾身の仕上げで勝負したのでしょうし、今後は繁殖牝馬として良い馬を産んで欲しいと思います(*^─^*)ニコッ

2着サートゥルナーリア

まさかここまでハイペースで飛ばすとは思って無かったんですがw馬場が良いだけに人気馬は早めに動きたいのは分かっていたので、差しレースと読んでサートゥルナーリアを軸に指名したまでは良かったんですが、まあこれも結果なので仕方ない(^-^;

この馬としては状態も良かったと思うし、自分の力は出せたと思いますが、それだけにリスグラシューに付けられた着差は実力差としては大きすぎて陣営としてもショックは大きかったかもしれません。

今後レイデオロのように伸び悩むのか、それともさらに成長する余地が残っているのか今の段階では分かりませんが、印象としては、ちょっと底が見えたかな?という気はしましたけど、よく考えればまだ3歳だし、キャリア的にもまだまだこれからかな?斤量55キロであの差はデカ過ぎるけどw

3着ワールドプレミア

結果的にやはり3歳優勢というデータは今年も正しかったと言う結論になりますが、この馬も末脚が武器なので軸馬の有力馬ではあったんですが、まさかアーモンドアイが圏内に居ないなんて思ってもいなかったので、直線では来るな来るなと祈ってたのに、損した気分w

この馬もまだまだ成長の余地は残してますので、来年のG1も現3歳馬を中心に展開されていくのかなという感じですね。

それにしてもラヴズオンリーユーはまだ評価は出来ませんが、カレンブーケドールのジャパンカップの映像を改めて見て、馬場もあったけどやっぱりゴール前、差し替えして詰め寄ってるのは凄いなと思いました。

今回の3歳牡馬2頭も強いけど、どちらもまだ折り合いに不安を抱えているので、来年も牝馬の活躍する年になるのかもしれないなーと思いつつ、アーモンドアイが破れてG1、7勝越えの壁の高さを痛感した、すがのおーじでした。

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))

まだホープフルSが残ってますから、最後まで頑張りましょうw