2020年フェブラリーS回顧。年が変わっても流れ変わらず(´・_・`)ガッカリ

さて、気持ちいいぐらい逆の展開となりサバサバしておりますがw

まーねー、昨年はインティが楽に行き過ぎただけと言われればそれまでなんでしょうが、近走の戦績から大崩れは無いと見てたら、まさかの控える競馬でw単純にスタートあまり良く無かっただけかもしれませんが、豊としても目標にされるのが嫌だったんでしょうね。

結果、ワイドファラオ(予想ではずっとキングファラオって書いてましたねw今直しました)がペース掴めるかと思ったら、そうはいかないとアルクトスに競られてしまって、お手上げとなりましたが、モズアスコットはやっぱりダートも走るんだろうけど、スタートの芝の部分を苦にしないというのも大きなアドバンテージだったのかもしれない。

ルメール騎手も11Rで6勝と大暴れしており、いい加減1番人気だからって外すの辞めないと何時まで経ってもリズム戻らんわ(^-^;

ケイティブレイブがまさかの最低人気で馬連でも3万以上付いていたことを考えると勿体無いと思いますけど、多分モズから買ってても抜けてただろうな(´-ε-`)ボソッw

まあ、まだ始まったばかりですから!一休みして桜花賞で頑張りましょう♪

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))