2020年NHKマイルカップ回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。

何だか変な時間に目が覚めてしまったので、今日は休みなのでブログ書いてますw

まあ、マイルカップは確かにお手上げの結果で、無観客で良かったなと思う程、あっけない幕切れで例年の事ながら、東京の高速馬場怖いw

テレビで見てる限り内目は結構馬場が悪くなってる様子は伺えましたが、レシステンシアにレースの主導権を握られた結果、他馬は下手に動けないまま終わった感じで、先行出来る馬の強みを改めて感じたレースでした。

NHKマイルカップ

1着ラウダシオン

何だか昔の「デムーロマジック」と呼ばれた良い位置に付けて、直線スッと抜け出す競馬でしたけど、戦績などからみて、(´ε`; )ウーン何とも評価が難しい。

決して「フロック」とまでは言わないですが、結果的に先行した馬が上位を占めているだけに、展開的には楽なペースで走れていたから余力があったという事なんでしょうか。

レシステンシアから流してて泣かされた人は非常に多かったでしょうね(^-^;

2着レシステンシア

しかし、なんでここまで評価してる馬を信じてやらないかなあ?w

確かに現状瞬発力に欠ける分、勝ち切れてはいないのでしょうが、ジュベナイルフィリーズの時のように、ガンガン高速で逃げた方がこの馬には合ってる気がするんですが。

タイプ的にはアエロリットみたいな自分でレース作って、後続を抑えるみたいなイメージを持っているのですが、下手に抑えても競馬出来るのが裏目に出てるのか?輸送に弱くて体調がピークでは無かったのかは定かではありませんが、ちょっと勿体ない気がしたレース内容でした。

3着ギルデッドミラー

すがさんはレシステンシアが速いペースを作って、それを追いかけた先行馬が潰れて、差し馬で荒れると読んだ結果、サクセッションから1頭軸の3連複を買っていたんですけど、毎度のことながらレース展開が全く見えていないw

高速馬場とはいえ、雨も降らなかったし、だからと言って差しが決まらない訳でも無いとは聞いていたので、3着なら・・・と結構自信あったんですけどwその点ギルデッドミラーはよく頑張ってましたね。

ただ、今回差し馬はレースにならなかった馬が多かったと思いますので(特に外枠の馬)無敗馬2頭とかは今後も注意して見ていった方が良いかと思います。

さて、来週はヴィクトリアマイル・・・アーモンドアイかよお_| ̄|○ ガクッ

昨年の例もありますので、メンバーも揃ってますから何があるか分かりませんが、とりあえず情報に惑わされずに、馬の実力を冷静に見極めよう。昨日みたいなレースはお手上げだけどw

流れを変える意味でも、新聞紙変えてみようかと考えたんですが、結局どの新聞が良いのか分からないし、結局ニッカン買ったんですけど、一面の予想が珍しく東京の女子トラックマンでタイセイビジョンから行ってたんですけど、驚くことにラウダシオンを3連複で押さえてたんですよね(゚д゚)!

一つ間違えれば大的中で一躍有名になれるチャンスでしたが、それにしても女の勘というか、もっと素直にレースを分析しなきゃなあと、余計な情報ばかり入ってしまってる頭をリセットしたくなった、すがのおーじでした(-_-;)

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))