2020年安田記念回顧。

こんばんは、すがのおーじです。

安田記念は仕事の休憩時間に悩んだ末、前走外枠で3着はかなり評価すべきでは?と思ったので、アーモンドとインディの3連複フォーメーションで流していましたが、力及ばず。

横典なんで、大外ぶん回しやねん(苦笑)

安田記念

1着グランアレグリア

近走は差す競馬を身につけていただけに、ひょっとして今回はとは思いましたが、ちゃんと皆んな知ってるのか4番人気かな?してましたけど、やっぱり実力馬がマーク甘くなると怖いという典型。

まだまだキャリアも浅いし、マイル路線ならポストアエロリットになれるというか、勝ち切れるからもう超えてるか?(笑)

問題はアエロリットもそうだけど、また人気して勝てるかが真価を問われる所となりますね。

2着アーモンドアイ

やはりG1、8勝には過去の名馬達の想いが壁となって立ち塞がるのか?

過去にも記録更新間違いなし!と言われて惨敗してきた名馬達を見てきただけに、「ひょっとして?」という思いは有りましたが、結果的にはメンバーレベル上がれば、やはりマイルはやや短いということか。

しかし、東京稍重の馬場なんて聞いてなかったし(笑)

3着インディチャンプ

力は出し切りましたが、アーモンドアイが目標ですから、致し方ないし、勝ち馬がスムーズなレースをして存分に能力を発揮したのとは対照的に、人気馬の辛さが出ましたね。

しかし、ステイゴールド産駒って事、今回初めて知りましたが、同じサンデーの後継種牡馬でも、サンデーとブライアンズタイムの関係見たいな、片や安定性があって平均点以上の子を出すタイプと片や安定性は無いけど、当たると複数G1勝つ馬出す大物タイプのようで、面白いなと思いました。

成長力と言う意味では今後ますます厳しくなりそうですが、今回のメンバーが秋にどんな結果を出していくのか、アーモンドアイ一色でしたが、終わってみれば本当に良いメンバーが集まって豪華なレースでした。

宝塚が逆に心配だけど・・・(苦笑)

では、( ^_^)/~~~

ゲームやってますけど、ブログ記事にするだけの内容でも無いのでなかなか書けないすがのおーじでした(^_^;)