2021年フェブラリーS回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。

昨日は休みだったのでフェブラリーの馬券買って、リアルタイムで観戦出来たんですが、いつものように外れw

ちなみに本命は2番人気のアクトレスでした(;^_^A

結果的にはダートで前が止まらないという良く分からない情報に皆踊らされた形でw有利なポジションを取ろうと先行馬が大挙した結果、差しレースという形になりましたが、パドックではサンライズノヴァが一番よく見えたので、警戒してたのにこの展開で来れないってことは器の問題かな?w

フェブラリーS

1着カフェファラオ

チークピーシズの効果か出走までにやたらと涎のようなものをダラダラ流しているので、大丈夫か?と心配しましたがw終わってみれば、好位から抜け出す強い競馬で完勝でしたね。

まあ、メンバー見た時からダート界もここまで手薄になったかというぐらい、実績馬が不在で混戦模様ではありましたが、今回の勝利で一応この馬が中心となっていくんでしょうか?

ただ、それまでの不振とあの涎・・・気になります(;^_^A

2着エアスピネル

馬券は押さえてましたが、年齢は気になったものの、近走の着差から十分3着辺りにきてもおかしく無いとは思いましたが、まさかあんなに走るとはw

で、お約束のようにゴール前は脚色同じで2着というのも相変わらずだと逆に安心しましたがwダビスタでもまだ現役で走っているので、ダートで頑張って欲しいものです(⌒∇⌒)

3着ワンダーリーデル

横典ここでくるかーw最近はすっかり息子に注目が集まり影が薄くなって来ましたが、相変わらずこの人も差し馬に乗せると持ち味出しますね。

って事で、G1としてはかなり寂しいメンバーでしたが、今年もいよいよG1スタートしていくという事で、高松宮記念に向けて勉強していこうと思います。

今年はダビスタ効果でちょっと馬券もモチベーションアップしそうだし(当たれば勝手に上がるけどw)大阪杯ではサリオスとコントレイルの再戦が実現しそうなので、楽しみですね。

では、( ´Д`)ノ~バイバイ