2021年天皇賞・秋回顧。

こんばんは、すがのおーじです。

すっかり回顧遅くなりましたが、馬券は堅いのでまた寝てましたσ^_^;

しかし、ここに来て横山武史騎手はダービーの屈辱を肥しに良い感じで成長してますね。

逆にユーイチ君はカンテレで福永先生とか呼ばれてるけど、スタートから後手に回って差し切れるだけの鋭い脚がコントレイルにあると思っていたのかと疑問。

先生を語るなら国内G1全制覇か、凱旋門賞勝ってからにしてもらわないと(あくまでハッパかけてるだけですからね(笑))

天皇賞・秋

1着エフフォーリア

ここ数年は3歳馬が勝ってないということで2番人気に甘んじましたが、クラシックの主役クラスが最近出走して来てないだけで、問題無く勝利してくれました。

ダービーとは違い2番人気でチャレンジャーの立場という差はありましたが、この馬らしい上手な競馬でした。

問題は今後の成長力となりますが、キャリアも浅い事を考えるとそこは心配要らないかも知れません。

今回は斤量差で有利な分楽な形にはなりましたが、次走ジャパンCでコントレイルとどんな競馬をするのか今から楽しみです。

2着コントレイル

先にも書いたように脚質的に先行抜け出しの同タイプ相手に後手に回っては当然結果はこうなりますという内容。

直線では手応えが無くなったと表現してますが、単に切れ味勝負で負けたと僕は判断してます。

ただ、大阪杯の敗戦が尾を引いている感じはなく、良馬場ならキッチリ走ってくれる事が確認出来たのでそれだけでも良かったかなと。

言うても無敗の3冠馬に無様な競馬を続けさせる訳にはいきませんから(なんかこう言うとこ相撲界と似てる(笑))アウトブリードの宿命と言うか、爆発力に欠ける点は否めませんけど、種牡馬としての期待はかなり高そうなので、このまま無事年内引退の花道を進んで欲しいです(コントレイルには厳しいな(^◇^;))

3着グランアレグリア

1番褒めるべきはグランアレグリアでしょう。

ペース的には自分の競馬が出来ていたとはいえ、スプリントから2千までの距離をトップクラスで発揮出来る馬はそうそう出てくるもんじゃ無いですし、素晴らしい内容でした。

今後はマイルCSか香港あたりでしょうが、この馬も無事に怪我なく現役生活を終えて良いお母さんになって欲しいですね。

さて、来週はG1中休み。

デスループの記事書きかけだけど、スカパーのテレ朝野中美希プロデュース企画のトークコーナーをYouTubeの静止画と音声だけで見たら、セトリが凄い興味深かったので、急遽加入して再放送録画決定しました(^^)

どの道、12月もまーちゃんの武道館やると思うし、今のメンバーでのライブそのものが貴重になって来てるので、観れる方は是非再契約をお勧めします(笑)

でも今回は1番寂しい卒業になりそうですね。

なんせ1番やかましかったからなぁ(笑)

メンバーに掛かるプレッシャーも大きいとは思いますが、みんなコンディションはバッチリな様子だったので、良い卒業公演になりそうです♪

因みにスカパーのセトリで1番観たいと思ったのは、フクちゃんと北川ちゃんの「印象派 ルノアールのように」です!

曲自体すごい好きなので、この2人でどんな感じになってるか凄い興味が湧いてしまいました(^^)

では、(^^)/~~~