鞘師里保ソロライヴイベント参加レポ。

2021年4月1日

さて、先週に引き続きこの流れでハロネタも行きましょう。
先週の月曜日にありました、ディファ有明での鞘師里保ソロライヴイベントの2部の様子をレポートというか、感想を語りたいと思います。

とりあえず朝は早かった。起床4時半w仕事より早いやんw
というのも、色々交通手段を検討した結果、夜行バスよりも格安飛行機の方が時間も短時間で安いしいいじゃんと思ったからなんですけど、問題は格安便が関空からしか飛ばないので、関空までの移動時間が非常に掛かるという問題が最大のネックだったんですけど、ただでさえ高いCDセット買ってるので、少しでも交通費抑えたい一心で頑張りましたよ(;^_^A
まあ、すがさん飛行機乗るの人生で初めてでして(ノ)ェ(ヾ)テレ興味があったというのも手伝って早起き頑張りました。
入念に時間を逆算して余裕もってチェックインするつもりだったんですけど、こういうとこルーズなすがさんはノンビリしてたのかホントに時間ぎりぎりになってしまって迷惑かけないか心配したんですけど、出発の30分前でも割とみんな落ち着いて手続きしてたので、少し安心しました。
窓際の席で格安とはいえ乗り心地も良く、CAさんも可愛くてw1時間40分ぐらい?のフライトでしたが、なんか乗った途端にすぐ着陸準備みたいな感じで、もっと空の風景とか楽しみたかったし、今までインドアで旅行とか全く興味無い人だったんですけど、今回の遠征で少し考えが変わりましたね。

で、あらかじめ予約しておいた東京駅までの専用シャトルバスで移動して、イベントは2部開始が19時。
成田着いたのが確か9時w
でも、そこから朝飯取る暇なかったので、昼と兼用で八重洲地下街の神戸屋パンさんのランチビュッフェっていうんですか?980円ぐらいだっけスープとドリンクついて、パン食べ放題のお店でお腹膨らませて、まずまず味も良かったし、出来立てがドンドン出てくるので温かいのが良かったです( ^∀^ )ニコニコ

そっからは、少し前に爆発物事件で話題になった靖国神社へと移動。
以前から、靖国には行きたい!と強く思ってたんですが、せっかく高い金払って行くんですから、1時間ちょいのイベントだけでは勿体無いので、今回靖国行けたのはすごく良かったです。
結局13時から16時半ぐらいまで居ました(;^_^A

日本武道館があんなに近くにあるとは思ってなくてびっくりしたり、(丁度乃木坂46のクリスマスイベント開催日だった)



靖国の敷地内にある記念館みたいなところを見学してたらあっという間に時間が経っちゃって、有明に移動したらもうすぐ帰らないといけないのかと思ったら、寂しくなるほどでした。

しかし、驚いたのはディファ有明ですけど、周りがとにかくなーんにもない!w
いわゆる工業地帯というか、開発地でこれから良くなる感はあるんですけど、住んでる人は非常に不便で寂しいんじゃないかなーと思うほど、何もないから、電気も暗いし、余計寂しくなるという・・・(;^_^A

17時過ぎには会場に着いたので、1部の入場の様子を観察して、時間までに腹ごしらえしようかと思ったんですけど、さっきも書いたようになーんにもないとこなので、グーグルマップで店探すもののもう閉まってたりwバスで行ったんですけど、結局電車の駅ビル内で最初からお店探しておけば良かったなと気が付いた時には時間切れでした(;^_^A


さて、肝心のイベントですが、席は抽選で後方席だけは勘弁してくれ~(人д`*)オネガイ
と思ってたんですけど、チケット無くしたっぽいけどw確か9列目ぐらいで真ん中辺りのベストポジションが取れて、一安心。
席はパイプ椅子でまた寂しくなりましたがwねー最後のソロイベント、突然の事で会場が無かったのは理解できるんだけど、エースの最後の会場がこれは寂しい・・・。
と言ってもいられないので、家から持参してきたオタTとリストバンド、ペンライトを装備して準備万端。
暫くすると音楽が鳴り出して主役登場。
1曲目は舞台ステーシーズの「気まぐれ絶望アリガトウ」でした。
うん、この曲暗いし、舞台は見てないけど、最後のマシンガンの音で終わる後味の悪さが好きじゃなかったんですけど、詩自体はすごく良くて、さすが生で聴くと感情も凄くこもってて、りほりほのセリフの部分を聞いてるだけでその様子が想像出来るぐらい丁寧に気持ちを込めて語りかけてくれるので凄く気持ちいい気分になったのを覚えてます。
キャンプファイヤーでカップルが出来たりしちゃってさ~♪とかいう部分ですね。
自分の学生時代のキャンプファイヤーを思い出しちゃって凄い懐かしい気分になりました。

そっからはあまり覚えてないw
「抱いて Please go on」とか「まじですかスカ!」新曲からは「冷たい風と片思い」を
歌ってくれました。
それなりに、盛り上がってはいたんだけど、やっぱりね、娘。はメンバー揃わないと娘。じゃないんだなと改めて感じさせられたし、そういう意味では途中でしれっと音楽とともに上手?から登場した小田さくらちゃんとのデュエット「大好きだから絶対に許さない」辺りから大分会場が温まってきた感じはありましたw
個人的にはこっちより「キラリと光る星」が好きだったし、絶対こっちの方が盛り上がったと思うんですけど、昨年発売のアルバム収録曲ですから、致し方無いですか・・・。

しかし、りほりほが相変わらずというかあれだけの数の人に一人だけ注目されるから緊張するのは当然なんだろうけど、ライヴ中ずっと緊張する緊張すると連呼するので、心配して水飲んで良いですか?
と自分からいうから会場から「いいよ~」という声が掛かると水飲むんですけど、ファンが気を利かして「美味しい?」と聞いたら「うーん、美味しいっていっても水だから」みたいな相変わらずの調子でw
もうちょいサービス精神みせる余裕も欲しいよなと正直思ってたんですよ。
(これ悪口じゃないですからね、りほりほ(;^_^A)
そしたら、小田師匠がさすがというか、そんなファンとのやり取りがあったから余計に目立ったところはあるんでしょうけど、ものすごーくりほりほを気遣い、先輩を立てる立てるww
曲が終わってMCの話題が尽きそうになったら、すかさず自分から話題振って話盛り上げようとしてくれたり、今日はハロコンのリハーサルだったのを抜けてきた話を面白おかしく話してくれたりと、サービス精神
旺盛というか、普通はこれが芸能人だと思うんですけど(重ねて言うけど悪口じゃないよ、りほりほw)
誰よりもいち早く「さくらのしらべ」でソロイベントを経験してきた強みというか、余裕が本人から醸し出されていて、いわゆるオーラ出てました。
いつもは生で見ても激しいダンスしてるから気が付かなかったし、今年の握手した時も感じなかったけど、なんでしょう?衣装も似合ってたんだけど、凄い可愛かった・・・りほりほごめん_| ̄|○ガーン…w

やっぱねー、男としては自然と気遣いが出来る女の子ってのは非常に魅力的に映るんですよね。
最後まで緊張をほぐそうと笑顔で先輩を励ます姿に正直「ヤバい!」と思いました(;^_^A
いや、まさかりほりほのソロイベント見にきて小田ちゃんの魅力に気が付くとは想像もしていなかった。
ちょっと、イベントから話がそれてしまうんだけど、りほりほの後の推しメン争いが自分の中で難しくなりました。
それまでは、だーいしor野中ちゃん、離れて小田ちゃんかなーって思ってたんですけど、12月に遂にファンクラブに入会したんですよ。
また話それてるけどww娘。コンサート、舞台も目当てだったけど、「さくらのしらべ」に参加したいってのが入会した理由だったんですよね。
春の娘。コンの申し込みが12月15日で締め切られていたのにも驚いたけどw彼女の歌が好きだったのに、ここにきて人間性まで好きになってしまうとは自分でもビックリです。
まあ、確かに今年の娘。イベントで「大好きな先輩」を歌える権利をゲームで争って小田ちゃんだけ11期が一人なので、ソロで歌えてラッキーだねえというのをメンバーに凄い弄られてて、やり過ぎじゃない?
ぐらいに思ってたので、握手会では「ソロ歌、良かったです」と声を掛けたぐらい可愛そうだったんですけど、だーいしのバースデーイベントで逆に感謝してると語るほどの彼女はやっぱりメンタルが半端なく強い
子なんだなと、だから一人合格なんだなと凄い納得してしまいました。
オーディションでも上手く出来ない子を教えるぐらい優しい心の持ち主で、その後歌のオーディションで音飛んじゃって自分がピンチになるという悲劇的な幸薄感、昭和感漂う彼女でしたが、ホントにエースとして
指名されたからには自覚と覚悟を持って挑む気持ちがしっかり出来ているんだなというのがよく分かる一コマでした。

まあ、まずりほりほがこれを見ることは無いでしょうがwすっごい嫌なレポートになってるというか、「私の事書いてないじゃん!」って怒るだろうなあw
で、そっから例のりほりほのオーディションで披露したダンスの話になって、それが放送では一部しか流されてなかったので、あれからさらに完成されたダンスをここで披露したいと、ちなみに色んな問題
で今回の映像化には収録されないという話になって見せてもらったダンスは凄くカッコ良くてみんな
完全に見入ってましたけど、現場に参加した人しか見れないというレア度は非常に嬉しかったです。
まーちゃんに「やっさん、あれやってよ」とよくせがまれるそうですw

個人的には「エンドレススカイ」も聞きたいし、聞けるかなと思ったんですけど、残念ながらアンコールは無しで最後の曲歌って掃けたあとの「鞘師コール」に応えて館内放送で感謝を伝えてイベントはお開きと
なりました。
最後に書くのはおかしいけど、今思い出したので書きますが、ホントに女性ファンの数が多かった!!
少なくても3分の1は女性だったのでは?しかも可愛い子多いしw
りほりほも嬉しかったのか、マジスカの時だっけかな?会場を1周してホントにすぐ目の前まで来てくれたので、口押さえて感激してる女性ファンが見えて、おじさんこの辺でようやく「うん、成長したな」と
一人親目線になってました(;^_^A

結局イベントは20時45分ぐらいかなには終わってそのまま新宿に移動して、夜行バスで大阪へ帰り、仕事へ直行という多少強行軍になりましたが、まあ日曜休みで連休だったし、バスもなぜか最前列の二席を一人で占領出来たので(女性専用席があって、他は連れで乗ってたので、たまたま一人になっただけかもしれませんが、後ろに気を使ってリクライニング下げれなくて、凄い寝づらかったので、一人席じゃなかったらもっとしんどかったなと思います。
事前の調べてネッククッションを持って行っとくと便利と書いてたので、持参したんですが、お尻が痛いので、途中から下に敷いたんですけど、それでも痛くってようやくどこにおけば痛くないのかコツを掴んだら大阪に着いてましたw

で、総括としては、イベントで意外な発見があったなと(そこかw)いうのと9期の中がたまに言われますけど、それぞれ悪いところはあったのでしょうが、今回りほりほが卒業する事で、危機感が生まれて9期が結束しないと娘。を引っ張れないという事が理解出来れば、今回の卒業騒動は決して悪い事ばかりでは無かったのかなと思ったりしました。
ホント、今のままでは9期がお荷物というか、10期がのびのび出来なくて邪魔な存在みたいになってしまうので、みんなでまとまってこのピンチをチャンスに変えて乗り越えて欲しいですね。
まーちゃんのいう、「地球を三角にする」ぐらいの事をやらないとここは乗り越えられませんよ、
マジで。

では、グッo(´・3・`)ノ))バァーイ