はーちんの英断に敬礼。(`・ω・´)ゞ

2021年4月1日

こんばんわ、すがのおーじです。

先ほどまでDead bye Daylightをプレイしていたので更新遅くなってしまったし、話題的にも扱うのが遅いネタではあるんですけど、引っ越ししてきてからは書いてないですけど、僕個人的には、はーちんこと、尾形春水ちゃんの卒業については以前から提案していた事だったんですけど、正直ここにきて決して目を見張る程に歌が上手くなった訳でも、パフォーマンスで魅了するようになった訳でも無い彼女を見ていて、それでもあかねちんのブログじゃないけど、1年前のハロプロの企画で12期の二人だけ特訓みたいなのさせられて悔しかったとは思うんですけど、それが一年経って実を結んで足を引っ張らないレベルまで向上したからこそ、20周年効果でひいき目で観てしまうのを割り引いてもホントに娘。自体のレベルが凄く上がったし全体のバランスが凄く良くなったなと昨年の秋のコンサートに実際参加して痛感していたんですけど、実際問題これも以前書きましたけど、言うまでも無く小田ちゃん以降に引き継げるだけのエース候補が居ない非常事態を回避するには誰かに卒業してもらうしかなくて、そういう意味では最初のはーちん卒業の一報を目にした時の感想は「(゚Д゚)エッうーんでも・・・」という複雑ながらやっぱり(*´-∀-)ホッ-3としたのが本音だったんです。

今更書いても火に油を注ぐだけかもしれませんが、はーちんファンの皆さんには大変失礼な記事に思われると思いますが、あくまで僕個人の意見であり、モーニング娘。を愛して、今後を心配するからこそ、敢えてこのはーちんの英断を「よく決断した!」と称えてあげたい気持ちです。

例えばこれも一つ誤った文章の取り方をしてしまうと非常に不愉快な話題になりますが、ズッキがもしあのまま卒業せずに残っていたとしたら・・・13期の加入もあったとしても時期的にずれたでしょうし、下手したら増員無しで行ってたかもしれない。

となると、おそらく今ぐらいのモーニング娘。の人気を維持するのって難しかったと思うんです。尚且つズッキもりほりほが卒業して最後の賭けに出たというか、もしダイエットに失敗してメインの新曲が駄目だったらというぐらいの腹づもりがあったかは分かりませんけど、もし僕がズッキの立場だったらせっかく事務所がチャンスをくれたのに怪我をしてその上念願のセンターでの新曲をテレビで披露出来ると思ったら目に「ものもらい」が出来て結局目立たないように端っこで歌う羽目になりとこれだけチャンス貰って運にも見放されたら、さすがにあきらめがつくというか、アイドルという道を歩むことを天は望んでないのかな?と違う道を選ぶことも考えてしまうのも無理も無いと思うんです。本人曰く、太りやすい体質で食事を取ってないのに体重が上手く落とせない悩みを抱えていたそうですし、娘。の事、アイドルとしての素材に適さない事を考えると彼女の決断は多分正しかったんだと思うし、はーちんにしても本人はどれぐらいの意識を持ってオーディションに申し込んだのか分かりませんが、歌が苦手という致命的な弱点を抱えてそれを補う為に希望したのがバラエティーに出たいという事だったみたいですが、同じく歌が苦手なさゆでもバラエティーで注目してもらう為に嫌われる覚悟で毒舌キャラを貫いていたし、何といってもあのビジュアルとのギャップがあったから注目された訳で(その上天性のトークセンスの持ち主なんですから言葉でハッキリ書くと「格」が違うんですよね・・・)じゃあ、当のはーちんはというとトークの切れがある訳でも無し、ビジュアルも今の時代では埋もれてしまうレベルだしと、勝負出来るステージが見当たらない中での活動は非常にきつかったと思います。

そういう意味では同じくまた敵を作りそうだけどw生田えりぽんも個人的には早く卒業を・・・と思ってたメンバーなんですが、もうあそこまでメンタル強いと好きなだけ居て下さいというしかないwいや、半分以上これは誉め言葉でお荷物と分かりながら在籍するならそれぐらいの覚悟でやってもらいたいという事で、ただ、えりぽんと違ってはーちんは12期、在籍期間も卒業の6月?までで計算しても3年半ほどですから歴代在籍期間でみても長くも無く特別短くも無くと言ったところではあるんですけど、まさかこんな短期間で辞める決心をするとは思って無かったので今回改めて失礼、誤解を承知の上で彼女の卒業という決断を称えてあげたいと思います。

まあ、この際、娘。より大学の方が大事なのか?とかその程度の気持ちで娘。入りしたのかとか今更言っても遅いですし、以前にも書きましたが彼女を合格させてしまった事務所側の責任、さゆと交代で加入する大事な12期メンバーを一度目は該当者無しにするほど慎重になっていながらなぜ彼女を最終的に選んでしまったのかという先見性の問題だと思います。

確かに、過去にもデビュー当時は良かったのにいざ加入させてみると・・・ってメンバーはいましたけど(^-^;歌が歌えないどころか大きな声も出せない事まで分かり切っていたのに、未だになぜ?という疑問が拭えない所ではありますが、何はともあれ今度こそエース候補を事務所には是非お願いしたいです、っていうかマジで今回の人選はミスれないぞw

と思ってた矢先に先日動画でアンジュルムのあやちょの来年春の卒業を知ったんですけど・・・なんだか嫌な予感しかしないんですが(^-^;

というのも、アンジュルムにはこれまで佐々木莉佳子ちゃんはまあ改名したばかりだったのでエース候補として加入は理解出来たんですけど、その後もかみこちゃんに、かっさー、ふなっきとエース候補レベルの子ばかり取られてばかりいたので、チョイチョイ待て待てと思ってたんですw(そーいえば、最近のアンジュの集合写真だっけな?みたけど莉佳子ちゃん椅子に座ってたけど、物凄い背が伸びて一人だけやたら大人っぽい子がいるから誰かと思ってビックリしたw)

アンジュを強化させるのは良いけど、なんだかんだ言ってハロプロ=モーニング娘。という看板グループがあってこそ成り立ってるのはやっぱり事実な訳で、まずは母体となる娘。の強化が終わってからアンジュというのが本来行うべき事務所の仕事だと思うんですけど。

こうなるとアンジュファンとしても黙ってられないとまた敵を作る事になるんでしょうけど(;^_^Aハロプロの存続は娘。の人気を維持出来るかに掛かってる部分がかなり大きいと思うし、娘。が人気を維持出来れば他グループも維持出来ると考えると先に書いたような補強方法になるはずなんですけど、あまりにもエース候補を他グループに散らばらせ過ぎたツケがもうすぐやって来ようとしてるんですから、ファンとしても黙ってられない訳でして(^-^;

しかし、昨年はーちんがもし大学に合格していればそのまま活動と両立してたのか、それとも1年卒業が早まって例のカントリーショックwでちぃちゃんとふなっきが娘。に入ってたかも?と考えるとそれも見て見たかったな~と思っちゃうんですけど(まあ、あやちょが黙って無いだろうけどw)すっかりあやちょの卒業の話題から逸れてしまいましたが、少なくてもあやちょと入れ替わるに相応しいレベルの子をアンジュも加入させる必要が出て来た訳で、娘。ファンとしては気が気でない訳です(^-^;

アンジュは最近歌が・・・とか言われてますけど、メンバー的にはビジュアル、スキル共に十分すぎるほどの戦力が揃ってますので、今回はエース候補はどうか譲って下さいよというのが最終的に僕が伝えたかった事ですw

それにしても、最近ちぃちゃんがやたらとはーちん愛を披露していたし、まーちゃんもはーちんに心許してるような事書いてたし、逆に卒業後仲良かったメンバーのメンタル心配になるとは以前のはーちんのメンバー人気から考えると想像も出来なかった心配をする事になりますが、まあそうは言ってる間に14期メンバーが加入してきて感傷に浸ってる場合じゃ無くなるだろうから多分大丈夫でしょう🎵

初期メンバーとその後の追加メンバーとのライバル関係ほどまではいかないまでも結果的にメンバー内での競争があったからこそ今まで娘。はここまで続けてくることが出来たんだよなあと思ったら、何かと話題になった娘。内の上下関係の厳しさもやっぱり必要だったのかなと思ったりして、五線譜のたすきだけじゃなく、色んなものを20年間繋げて来てくれた歴代メンバー達に感謝しないといけないなと改めて思いました。

長くなったけど、こないだのBSプレミアムの娘。の特番知らなくて見逃したんですが、元を辿ると結局素人からプロの心得を教え込んでくれた「つんく♂」さんのお陰って事に辿り着くんだよなあ。と、感謝しつつもそろそろ新曲出さないと「えーがな」と言ってられなくなりますのでよろしくお願いしますよ、つんくさんw

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))

現場で聴くと印象変わったり好きになるかもしれないけど、相変わらずにぎやか明るい系の曲を書く気にはなってくれないかw

花が咲く太陽浴びても良い曲だと思うけど、なんだか最近似たような歌詞が多いのが気になります。色々経験してきて伝えたい事に行きついた部分があるからこそ同じ意味を思わせる歌詞を敢えて使ってるんでしょうけど、なんかそろそろone two threeみたいな衝撃を与える曲欲しいですね(*^─^*)ニコッ