ジャパンカップ回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。
昨日ようやく、さゆの卒業記事を掛けて溜まっていたガスが抜けてスッキリ
したのですが、それと同時にまだ出し切れてない自分に気がついたら
夜中の1時過ぎ。
さすがに寝る事にしましたw

さて、こちらもちょっと間が開いてしまったんですが、馬券も外れたので
簡単に振り返りましょう(バッサリ)

1着エピファネイア
まさかあそこまでの圧勝劇となるとは思っても見ませんでしたが、
ユーイチ君の立場って・・・(^_^;)
あれでも行きたがってたぐらいらしいので、やっぱり持ってるポテンシャル
は相当なもののようです。
お母さんが凄い名馬だったので、競馬ファンとしては嬉しいですね。
有馬も期待できるんじゃないでしょうか。

2着ジャスタウェイ
想像以上に馬場がボコボコで力が要ったのかなと思うんですが、安田記念
で不良馬場をものともしなかったジャスタには関係なかったですね。
しかし、あの着差からみてベストはマイル~2千という結論で良いのかと
思います。

3着スピルバーグ
着差はつきましたが、秋天がフロックではない事を証明しました。
差し馬が苦戦する中キチンと上位に来た点とやや長いと思われた距離を
考えるとよく走ってると思います。

すがさんの本命デニムアンドルビーは見せ場なく破れました。゜(。pдq。)゜。エーン
展開的にも厳しかったし、何よりあの馬場では持前の切れ味を活かせなかった
ですね、
あと、見逃せないのは今年の3歳牡馬はそれほどレベル高くないのかなと。
ハープは海外帰りであの展開、53キロの恩恵を考えるとまあ、許せる範囲の負けか。

今回のレース見て、有馬はまたガラッと結果が変わると思います。
まず、右回りでジェンティルはもういらんでしょ?w
ジャスタも距離長いし、イスラはもう余力なし。
ワンアンドオンリーはまだ成長の余地がありそうなので、ちょっと気になります。
スピルバーグはさすがに状態面と距離で厳しいでしょう。
じゃあ、エピファ・ワン・フェノーで決まりじゃんww
ここまでフェノーメノには触れてきませんでしたが、今回はスローで上がり勝負
と読んだため、好位で少し上がり掛かる競馬があってるフェノーは
消したんですが、有馬はフェノーに向くような気がします。
あとは内枠是非とも欲しいですね。
ってことで、すがさんの有馬はフェノーメノで決まり?かな?(^_^;)

来週はチャンピオンズカップですか。
ダートからきし勉強してないんですけど、何か気になった馬がいたら買って見よう
かな?
では、ほな──(=゜ω゜)ノ──ッ