2018年秋華賞回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。

楽しみだった連休は結局、疲れが出てしまったのと気のゆるみで何もする気が沸かなくなってしまい、二日目は殆ど寝て過ごす最悪のパターンになってしまってちょっと後悔したんですけど(^-^;まあ、メジャーとか映画とか見れたので良い気分転換にはなったかなと気を紛らわしておりますw

秋華賞

1着アーモンドアイ

今回も展開が逆で予想的にはお手上げ状態でしたが、もう絶対能力が違い過ぎるので何度走っても結果は変わらないぐらい力が違いすぎましたね。

この後はどうやらジャパンカップらしいですが、3歳での挑戦となると同じく3冠牝馬のジェンティルドンナを思い出しますが、あの時のオルフェーヴルとの叩き合いは見応えあったし、ちょっと接触だっけ?不利に近い形になったからオルフェ陣営が怒っていたのを記憶してますが、それでも3歳牝馬でそれだけのガッツを見せるジェンティルドンナがジャパンカップ連覇して、最後有馬で勝って終わる程の馬になった理由が分かるような気がします。

ただ、斤量的には有利でも3歳牝馬のジャパンカップ挑戦はかなりハードなので、それを見越してのぶっつけ秋華賞からの余裕残しの仕上げではあるのでしょうが、あまり無理させてほしくないというのが本音ですけど、来年世界目指すとなると世界に通じる大きいタイトル獲っておきたいんですかねえ。

ただ、3歳牡馬が菊からジャパンカップに出走して勝つケースっていうのも近年特に無いですけど、ローテ的に牝馬の方が1週余裕があるという点がアドバンテージとして大きいのかもしれません。

とにかく怪我だけは無いように、今や競馬界の宝となりつつあるアーモンドアイを大事に使って欲しいと思います。

2着ミッキーチャーム

例年レベルならひょっとしたら残っててもおかしくないぐらい絶好のペースで逃げれていたんですけど、最高の競馬で負けたんですから陣営も納得でしょうw秋華賞は速い流れになり易いというデータと雰囲気に流されてしまった事と、スプリンターズSから何も学んでない事が悔しいですが、長年やってるとねー、ホント競馬は難しいという言葉が年々重みを増してくるのを実感しますw

3着カンタービレ

勝ち馬以外はほぼ行った行ったの競馬でしたが、この辺は鞍上と好枠活かした結果と言った感じ。

それにしても春はあれだけ元気だったラッキーライラックはどうしちゃったんでしょう?今回は単なる休み明けで走らなかっただけなら良いんですが、条件的には3冠の中でもベスト条件だっただけに今回の敗戦は首を捻ってしまいますが、オークスでもキチンと3着確保してる本来安定している馬ですから、エリ女に出走となれば人気落としてたら買って見たくなる所ですね(*^─^*)ニコッ

はあ~、この秋も連敗スタートか(-_-;)

秋華賞は割と相性の良いレースだったので出走メンバーみてテンション下がったのはあったけどw菊花賞は混戦ならいいなあ・・・毎週競馬録画してるけど、全然最近見れてないや(^-^;

馬券が当たれば当然楽しくなって力も入るのでしょうけど、とりあえず気持ち入れ替えて初ヒットまず打つところからですね!

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))