2019年チャンピオンズC回顧。

こんにちは、すがのおーじです。

チャンピオンズCは残念ながら非常に堅い決着となりましたが、ある意味納得の結果で普通に走れば人気サイドで決まるのは当たり前と分かった上での、ローリスクハイリターンを狙って行った訳ですから、気持ち切り替えて次戦に向かいたいと思います。

まあ、何かアクシデントがあったり出遅れなどがあれば、波乱になるのが競馬ですから、荒れたら儲けものの姿勢で行かないと高配なんて取れませんしねw

チャンピオンズC

1着クリソベリル

終わって見ればやはり55キロの斤量の差が大きかったなという着差でしたけど、あまり大騒ぎするレベルの馬かどうかはまだまだこれからの結果を見ないと判断は出来ませんが、少なくても古馬G1クラスとは互角に戦えるレベルの馬だというのは証明した形。

しかし、ゴールドアリュールの子はホントダート走りますねえ(^-^;何より川田騎手は今年春からずっといい馬に乗せて貰っていたので、今回負けたらさすがに評価に響く所だったのでは?思って見ていたのですが、何とか崖っぷちで踏ん張ってくれて良かったと思いますw

2着ゴールドドリーム

パドックでの雰囲気では一番この馬が良い感じに見えましたが、同斤量ならもっと際どかっただろうし、今だ衰えずと言う所を見せてくれました。

3着インティ

うーん、やっぱり行く馬居ないとこうなっちゃうかという競馬で、なんか最近またスロー競馬症候群に戻りつつあるのが気がかりなんですが、G1馬たるものあの程度のマークで厳しいと言ってるようでは甘いし、今回は力負けといって良いと思います。

しかし、相変わらず豊のスタートの上手さには感心させられますね。昔は人気馬ばかりに乗るので目の敵とまでは行きませんがw馬券的にはよく泣かされたものですけど、彼も色々苦労しましたし、今後は仲良く馬券でもお付き合いさせて頂きたいですw

さて!来週は阪神ジュベナイルF。今年も全くデータ集めてませんが、久々に混戦のジュベナイルを見てみたいなあ。

てか、高配(σ・Д・)σゲッツしたいだけなんですが(^-^;

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))