2020年天皇賞・秋回顧。

こんばんは、すがのおーじです。

天皇賞は相手探しが難しかったので回避しましたが、結果的に回避して良かったと思います(笑)

ホント競馬は難しい・・・。

天皇賞・秋

1着アーモンドアイ

フィエールマンが力つけてるのを差し引いても、あそこまで詰め寄られるとは意外でした。

枠もよくコース取りペースともに問題ないロスのない競馬であの着差・・・。

アーモンドの衰えを疑う声もレース前からありましたが、正直認めざる得ない内容だったように思います。引退を控えて無理も出来ないとか事情もあるでしょうが、競馬史に残るG1レース8勝の栄誉を汚さない内容を期待したいと言うのは贅沢なのか?(^_^;)

なんか横綱の引き際を勧める横審みたいで嫌だな(笑)

2着フィエールマン

ユーイチ君も三冠ジョッキーになって、自信をつけたのか、フィエールマンが強いのかまだ判断出来かねますが、(笑)ホントラストの脚は良かったですね。

未だに何処が距離適性範囲なのか、掴みきれませんが直線の長い東京コースは力が発揮しやすそうで、ジャパンカップも侮れなくなりました。

3着クロノジェネシス

クロノもよく走ってたけど、やっぱり渋めの馬場の方が向いてるかなと言う印象。

次走は無理せずエリ女から出直した方が良いかなと思いましたが、ローテ的に無理か(^_^;)

さて、今週は一週お休みで次がエリ女かな?

そろそろ1強レースでは無く、混戦レースで波乱を期待したい。

では( ^_^)/~~~

最近はユーチューブも色んな角度でチャンネルの個性を出してますけど、こないだはキタサンブラックの全弟が走ってました。

2戦目も負けましたけど、上のお兄さんも同じ配合でダメだったらしく、やっぱりブラックタキシードでは安定性が無いみたいで、突然変異だったんでしょうかねえ。