モーニング娘。’19 コンサートツアー秋~KOKORO&KARADA~大阪公演感想。

2019年10月30日

こんにちは、すがのおーじです。

昨日、娘。の大阪公演夜の部に参戦してきましたので、感想の方を書いて行きたいと思います。

NHK大阪ホールは近いし、見やすいのでとても好きな会場なんですが、まず席が2階席・・・。

昨年の秋ツアーも2階席の一番後ろとかだったしwこの時点でかなりテンション下がったし、相変わらず推しメンも見つからないし、敢えて言えば新メンバーがどんなもんかな?ぐらいしか興味を惹かれる所が無かったんですが、実際行ってみたら結構楽しかったw

席は2階席という時点で場所も確認してなかったんですけど、2階でも後方席の最前だったから見やすかったし、位置もセンターで通路から2番目の席という事もあり、「これなら許す」と思えましたw

今回は金銭的な問題もあり、CD買ったらサイン入りポスターあげます特典はパス予定だったんですけど、念のため確認しにいってみたら、さすがに発売から半年ぐらい?経ってるせいもあって人生bluesだけではなくて、どれかCD買ったら過去のポスタープレゼントみたいな観ようによっては「在庫処理」と思われても仕方ないような内容だったので、即で席に向かいましたw

ちゃんとベースボールシャツ来て行きましたけど、やっぱりメンバーカラーのTシャツ欲しいですよね。推し居ないけど、やっぱりファンとしては自分の好きなメンバーのカラーが付いたTシャツきて応援したいですもん。

特に最近ファンになったという方、女子なんかカラーTシャツ着たいんじゃないかな?と思うし、ベースボールシャツの青バージョン来てる人みましたけど、やっぱり完全に男子向け感強かったし、黒を基調にちょろっとメンバーカラー入れてますみたいなTシャツは求めてないし、実際ツアーのメンバーTシャツ来てる人なんて殆ど見なかった、女子はお洒落重視だから以前のデザイン重視気味のメンバーTシャツ作れば確実に売れるの分かってるし、女子が買わなくてもおっさんは確実に買ってくれますからねw

って事で、不況の影響なのかあまりグッズ関係も売れてる感じもしませんでしたが、ギブ&テイクじゃないけど、ジャンプ禁止するなら、その分こちらにも何かライブで楽しめる材料用意して頂戴よと言う事です(^-^;

で、肝心の公演の方は来年1月発売の新曲「KOKORO&KARADA」からスタートしたものの、相変わらずというか、以前にも増して盛り上がる部分の無い曲で、まだ1回しか聞いてないから、今後歌詞とか見たら印象も変わるかもしれないけど、「Hey! Unfair Baby」がまだ盛り上がれる曲だっただけに、もう1曲折角の新メンバー初参加シングルなんだから派手に行って欲しかったです。

「Hey! Unfair Baby」はアンコール後の1曲目だったと思いますが、曲自体は好きなんだけど、「任せたと言ったなら ケツ拭くのもあんただろ」って2番の歌詞も「また責任論か」という感じで(^-^;ちょっと、つんくさんもそろそろ事務所への過去の不満を歌詞にするのは終わりにしても良いんじゃない?と思いますがwマジで世の中これだけ厳しくて疲弊しきってる時代だからこそ、ラグビー日本のワールドカップ活躍じゃないけど、「世の中に勇気や元気、希望を与える曲」を提供すべき時期だし、以前の黄金期から離れたいという意識では無くて、原点に戻って「モーニング娘。の曲って楽しい!元気が出る!!」って思って貰えるような曲が15期メンバーが慣れ始めた2枚目のシングルに持ってきてくれることを期待しています。

楽しい曲とは違うけど、今回のツアーでも歌われた「雨の降らない星では愛せないだろう?」のような平和への希望を歌う曲なんか僕は個人的には凄く聴きたいと思ってるし、そういう曲なら世間的にも愛される曲になるんじゃないのかな?と思ったりもします。

ちなみに、同曲は曲の始めに野中ちぇる氏のピアノ演奏から始まって、最後はまたピアノで終わるという凝った演出もしてくれて、曲自体も凄い好きだから非常に良かったです(*^─^*)ニコッ

今回は15期メンバーお披露目ツアーでもありますので、定番の「好きな先輩」あり、MCで食べ物を食べる時の拘りについて語ったりとしっかり見せてもらいましたが、北川莉央ちゃんはツアーで自信も付いたのか、リラックスした表情でパフォーマンスをこなす姿も見られましたし、その辺は安心も期待の歌唱力では今の所まだ力の片りんは感じられなかったので、今後に期待。

山崎愛生ちゃんはパンダの耳ヘアーが印象的で、「まりあんラブりんです♪」じゃないけど、良いキャラを初っ端から作れたなと思ったしw岡村ほまれちゃんはもう完全に特別待遇扱いなのか、アンコールでの挨拶でも一人だけ9期と10期の間に居たのかな?で挨拶させてもらうなど、ルックスもダイヤの原石として申し分なく、「この子このまま成長すると誰かに似てる気がするんだけどなあ?」とずっと気になってて結局分からなかったんですけどwMCでの受け答えも落ち着いてて、抜群に上手かったし、パフォーマンスも15期は全員凄く良かったと思うんですけど、とくにほまちゃんのダンスの細かな体の使い方は新人とは思えない程のしっかりしたものだったので、事務所が特別待遇で英才教育に入るのも無理ないなと、実際次世代エース育てないとマジでやばい状況なので、その点から考えても少し(*´-∀-)ホッ-3した部分はありました。

他グループもそうだけど、これだけ新メンバー次々入ってるものの以前に比べてデビューが遅い子が多いので(ビヨーンズの平井美葉ちゃんが二十歳になったと聞いて(゚д゚)!したw)娘。も15人と大所帯で見慣れるまでは誰が誰だが分からない状態でしたけどw早い時期に9期から10期オーデを行った感じで16期メンバーも追加した方が良いかと思いますし、事務所もそのつもりでいるでしょう。

ただ、問題は今のメンバーで卒業させるメンバーが見当たらないという部分はありますけど(^-^;

せっかく生田パイセンもいつの間にか凄い綺麗になってて(゚д゚)!したし(大阪公演での髪型凄く大人っぽくて似合ってた)せっかく自信を付けたところで辞めさせるのは勿体ないとは思うけど、タイミングとしてはピンの仕事も持ってるし、悪く無いとは思いますけど、何にせよ、りほりほ卒業後次々と卒業が相次いでパフォーマンスの低下など色々言われましたが、今が一番個性的なメンバーが揃ってて、それが成熟期に入って「今が見ごろの旬」を迎えたと言っても良いと思うからこそ、推しが居なくても見に行ったので、娘。ファンで最近はあんまりなーって方も、逆に言えば今の成熟したメンバーはもうすぐ見れなくなる事になりますから、是非今のうちに成長した彼女達を見に行っておいて欲しいと思います。

まあ、あと気になった点としてはファンとしてはいつもの事なのかもしれないけど、「まーちゃん」が妙に元気が無いのが非常に気に掛かりましたね。

パフォーマンスもカッコいいんだけど、以前ならはしゃぐ時はしっかりはしゃぐというメリハリがあったのが、ふざけたりする様子も見られず、娘。としてのやりたい事が無くなってしまったんじゃないかと心配になりましたが、まあ以前からいつ辞めてもおかしくない発言も見られるし、気分屋なだけに逆にまさかここまで居るとはと驚くほど在籍するかもしれないしw成熟期ならではの心配ではあるのでしょうが、だからこその早期の16期オーデの開催実行すべきだと思いました。

あと、最後にあまり気持ちの良い話では無いのですが、同じ列のグループで来ていた男子が僕より2席隣に居て、かなり大きなコールとか入れてたのは分かってたんですけど、どうもジャンプ行為なのか、振りのコピペ行為なのか分かりませんが、僕の隣の女性が迷惑していたようで、係の人に公演最後の方で声を掛けていたので気になっていてはいたのですが、結局、係員からの観覧マナーの指摘に応じなかったとみなされてアンコール中にかなり揉めちゃって、女性も含めてみんなアンコール前に退場となり、ちょっと驚いてしまいました。

僕だったら、怖いから係員に注意もしなかったでしょうし、女性も気が付いたら居なくなってたんですけど、あのままあの場にいたら公演後、何されるか分かった物じゃありませんから、賢明な判断ではあったとは思いますが、とにかく大人し目に動いても隣と接触しそうになるほどの距離間隔しかない席なので、迷惑行為は控えないと、せっかくの楽しい公演が台無しになってしまうし非常に残念でした。( ;`・~・) ぐぬぬ…

娘。メンバーにそういう事があった事が報告されたのか、はたまた舞台からみて席に空席が出来た事に気が付いて理解したのかは分かりませんが、えりぽんとふくちゃんのアンコールでの挨拶は大阪愛してる感を出してはくれていたのですが、特にえりぽんは来年1月からの「ジャンプ行為禁止」についてもちょろっと触れた上で、ドッカーンカプリッチオでドッカーンとジャンプしてくれる皆さんが好きですとは言ってましたけどw2階からみてて、なんか1階席あまり盛り上がってない?というか大人しいなと感じたんですが、もしかしたらもうかなり迷惑行為に関しての注意がかなり厳しくなってきてる影響であったり、心理的に僕もそうですけど、あまり派手に飛んだりするのは止めておこうと思ってしまったので、さすがの大阪人も自粛していたのかもしれません(^-^;

まあねー、これは以前からあった問題でもあるので、厳しく規制するならするで良いとは思うんですけど、そうなるとどうしても今まで出来た事が出来ないというロスト感が生まれる訳ですから、事務所側も如何にして観客がより楽しめるような公演を行っていくかという部分で努力していく必要があるんじゃないかなと思います。メンバーも暫くは違和感感じながらの公演となって、自分達のパフォーマンスに自信無くしたり、野球で言うところのピッチャーが立ち上がりから打者を打ち取れないと「今日の調子悪い??」と不安になる心理と似た所が出て来るかもしれませんが(^-^;、「任せたと言ったなら ケツ拭くのもあんただろ」じゃないけど、一度決めたなら責任持って事務所側もしっかりフォローして行ってもらいたいものです。

だから、カラーTシャツ復活は一つの手としてありなんですけどねえ(´-ε-`)ボソッw

長文になりましたが、では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))