シリーズ初心者でも楽しめる、レッドデッドリデンプション2。(ある意味、真のVR体験編)

2019年12月23日

こんばんわ、すがのおーじです。もうすぐ一昨日になるところですが、レッドデッドリデンプション2が発売となりました♪

せっかく盛り上げて行きたい所で水を差して申し訳ないのですが、ここの所コールオブデューティーBO4のバトロワ動画ばかり見てた影響で、最初はこんな猛者相手にやっても楽しい訳が無いと鷹を括っていたんですけど、弟者さんがあまりにも上手すぎてさらっとドン勝しちゃうので、気が付いたら異常にBO4が欲しくなってしまっている自分に気づいてしまい非常に困ったんですがwとりあえずレッドデッドリデンプション2やってみて面白く無かったらチェンジもありかなとまで思ってたんですけど(^-^;その心配は不要だったようです。

最初に悪い点から書いてしまうと、Amazonのレビューにあるとおり独特の操作に慣れなくて昨日、今日で8時間ぐらい遊べたかな?でも未だに慣れないですね。決定ボタンが×とかはダーケストダンジョンで慣れていたので操作系?全然大丈夫でしょ?とか思ってたんですけど、L2ボタンで人に話しかけたりする事がよくあるんですけど、人に近づかないでL2押すと射撃しちゃうんですよwこれって最初は僕がどんくさいだけかなと思ってたんですけど、いやいやオートエイム付いてるもんだから話そうと思ってボタン押したら相手の顔面に見事ヘッドショット決まってしまってw、それだけならまだゲームだと許されるんですけど、このゲーム悪い事すると賞金首になって、保安官に追いかけられたり、名声落ちたりとかマイナス要素がデカすぎるので、非常に困る(-_-;)

今の所、対処法としてはオートセーブなので一番最新のセーブポイントからやり直すようにしてます。

あとは、リアルを追及した為に動きが非常にゆっくりなので、最近のキビキビ動くアクションRPGゲームとかやってるとちょっとイライライラ(((*`皿´*)))イライライラするとことかwもっと細かい事いうと、酒場で喧嘩して殴られて帽子落としたら普通のゲームなら喧嘩が収まった後に帽子被ってるもんじゃないですか?このゲーム帽子落としたら、拾うなりキャンプで着替えるなりしないと帽子復活しませんwwさすがにこれには(゚д゚)!しましたけどwキャンプで着替えれる事知るまでは長い事帽子無しだったので、凄い頭が寂しくて見た目も締まらないから気になる気になるw

が、しかしこの「そこまで拘るか?」というリアル追及路線がこのゲームの特徴であり、長所でもあるんですよね。

タイトルにも書きましたが、「ある意味真のVR体験かな」と思う程リアル拘ってるんですよ!

・レッドデッドリデンプション2のVR体験その① 川を渡ろうとすると急流に体ごと流される

これ始めて体験した時はビックリしましたw普通に川渡ろうと入って行ったら腰ぐらいまで深い所で急流だと体ごと流されて持っていかれそうになるんですよ(゚д゚)!キャラクターにはスタミナゲージもありますので僕の場合はゲージ使い切る前に渡りきれたので大丈夫でしたが、スタミナ切れたらやっぱり溺死するのかな?と気になりましたw

・レッドデッドリデンプション2のVR体験その② 酒飲み過ぎると泥酔して視覚までぼやける

これはあるクエストで起こった事なんですけど、主人公とギャング仲間が勝手に深酒してベロンベロンになっちゃうんですけど、視覚が狂ってぼやける状態でどっかに行った仲間を探すという普通のゲームだったら、ただめんどくさいだけの演出のハズなんですけどwなんなんでしょうね?このギャング達のどこか憎めない人間臭い感じが癖になると楽しくなってしまうのは。

ちなみに、各クエストには目標が設定されていて例えばこのお酒のイベントだと「仲間のギャングのセ〇クスしている現場を発見する」とかww3つぐらい用意されていて僕は結局一つもクリア出来ずにクリア報酬のメダルが貰えなくてちょっと悔しかったです(^-^;ちなみにクエスト終了後のログで目標は確認出来て、リトライも可能でしたがまだまだやる事が多いので僕は今の所リトライはしてません(^-^;

・レッドデッドリデンプション2のVR体験その③ ミッションの分岐が凄いリアル!

これは最初の町で受けた初の賞金首を捕らえるというミッションで起きた出来事なんですが、「保安官」から受けれまして(自分に賞金が掛かってると受けれない)市民に薬と偽って毒を売りつけて死亡させてしまっている「自称医者」がいるので被害者家族に謝罪させる為に生け捕りを条件に報酬を与えるというものだったんですけど、とりあえず賞金首の居場所を突き止めて見つけたまでは良かったんですが、生け捕りにしようとした時に小競り合いとなって賞金首が崖から落ちそうになるところを引き上げようとしたらボタン押すのが遅かったみたいで賞金首が落ちて「ヤバい!死んだ!!」と思ったら崖下の川に流されてて、助けを求めて来るんですよw

で、こちらは慌てて賞金首が乗ってた馬を使って追いかける訳なんですけど、これが結構なスピードで流されていくもんですから馬の操作に気を使いつつ賞金首の居場所も確認しながら下って行かないと行けなくて結構ハラハラさせられました(^-^;

結果的に川の浅いとこまで流されたらロープで生け捕り出来るようになるんですけど、もたもたしてたら見失ってやり直し、生け捕りに失敗してやり直しとかなりシビアなミッションで、クリア後のメダル獲得条件を見てみると

①賞金首を崖から引っ張り上げる

②何分以内に流された賞金首を生け捕りにする

③何分以内に保安官に賞金首を届けるという

3つの条件がありまして、これは分岐じゃなくて最初に崖から引っ張り上げたらる事にもし成功していたら、逃げ出して川に落ちるとか続いていたのかもしれませんけど、何にせよホントに最初の帽子じゃないけど細かいとこまで良く作り込まれてる、良くあるクエスト=おつかい的な感じは今の所感じさせられる事も無く、レビューにもありましたが、「映画を操作してる感じ」というのはまさにその通りだなと思う程、ゲームへの没入感とそれを産みだす細部への拘りが凄いゲームだなというのを1日遊んで非常に強く感じました。

ただ、最初に書いたように悪い点というか独特な部分も多々ありますので、のんびりゲームを楽しめる人向きのゲームなのかもしれません。

道無き道を馬で進んだら馬が汚れてスタミナとかステータスが落ちたりw僕はまだ体験してませんけど、清潔にしておかないと臭いと周りの住民から避けられたりw僕は性格的にせっかちな方だと思うんですけど、相性が良いのかゲームが面白いからなのか、そういうめんどくさいリアルすぎる部分が今の所マイナスにはなってないんですけど、サクサク進めて早くクリアしたいというタイプの人には辛いゲームだと言われても仕方ないかなと言うぐらい、現代の流れに逆行するスローライフと呼べるのか分かりませんが、確実にスローゲームではありますねw

まあ、何にせよ発売後の様子見組もいるでしょうから、ここはあれこれ考えずに気になったら実際購入して遊んでみるのが一番良いと思います。

そういう意味ではまた話戻るけど、コールオブデューティーBO4のベータはやっぱりやっておくべきだったなと今更後悔してます(-_-;)

すがさんの好きな馬もまだお金が無いので良い馬は買ってませんが、とりあえず予約特典の芦毛の馬にはマックイーンと名付けて可愛がっております(*^─^*)ニコッ

他にもまだまだ書きたい事が山ほどある発見ゲーム、レッドデッドリデンプション2をこれからちょこちょこと紹介していきたいと思いますので、また記事の方読んで頂けると励みになり頑張れますので、よろしくお願いします!

[amazonjs asin=”B07F1BTYSQ” locale=”JP” title=”レッド・デッド・リデンプション2【CEROレーティング「Z」】 – PS4″]

[amazonjs asin=”B07J6DWCMS” locale=”JP” title=”PlayStation 4 Pro レッド・デッド・リデンプション2 パック”]

PS4pro買うなら断然こちらがお得ですよね。色指定出来るのか知らないけどw

あと!28日までだっけ?終わってたらすいません、PSplusの12ヶ月利用権+2ヶ月も買っておけばBO4にしてもレッドデッドリデンプション2にしても、はたまたディビジョン2にしても思う存分遊べるので今のうちに買って置いた方が良いんじゃないでしょうか?

[amazonjs asin=”B07H4L2M8Q” locale=”JP” title=”PlayStation Plus 12ヶ月利用権 – PS4″]

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))

あ、あとオートセーブなんだけどあまりマメに働かないオートセーブなのでw手動セーブ禁止ポイントが割と多いのも微妙に痛いとこなんですけど(何気にかなりのマイナスポイント最後に書いちゃったなw)どちらにせよ時間のある時にじっくり腰を据えて遊ぶか、時間無い時はミニゲームなり狩猟や採集を楽しんだりと遊び方は多岐に渡るのがこのゲームの売りだと思うので、やっぱり実際に遊んで確認してみて欲しいですね。