We are MORNING MUSUME。

2020年2月27日

今のところ日曜の朝なので、おはようございます、すがのおーじです。
確実に出勤時間までに書けるものではないので、少しでも進めておこうと
書いておりますがw昨日のコンサートはりほりほ卒業以来というか´14ライヴ以来
久々に楽しいと心から思えるライヴで、20周年記念ライブと言う事もあって、
ラブマとか恋レボとかド定番曲は外せないんだろうなあと思ってたら、初期の曲で
目立ったものってほとんどなくて、「愛の種」が唯一それらしい曲ぐらいであとは
新曲ガンガン来てファンとして戻って来てから一番良かった頃の´14のアルバム曲から
の選曲が結構多く、プラス「涙ッチ」とか「友」とか名曲もオンパレードで
自分が聴きたいと思っていた曲をやってくれたという「セトリ」の良さが全てだった
のだと思います。
なおかつ「時を超え宇宙を超え」では観客席から驚きの歓声が上がるなど秋ツアーに通ってる
人でも初めて聞く曲も入れてたりしてるようで、ようやくファン目線に立った選曲をする
ようになったのかなという印象で、その点は嬉しくもあり少しホッとした部分でもありました。

メンバーのスキル的にはどの子が凄い伸びたとかいう印象は僕の中では特に無かったのですが、
全体的にバランスが良くなったというか歌の上手い下手の差が以前はかなり格差あったのですが、
悪目立ちするメンバーもそう居なくて、歌が苦手なメンバーがかなり努力してきたんだなというのが感じられました。
今回は派手な演出も無く、アクロバットも控えめで何より大きく変わったのがMCのスタイル。
今まではライヴがスタートして数曲歌ってメンバー紹介&コメントで、アンコール明けにも
メンバーコメントってスタイルだったのに今回のライヴからなのかコメントするメンバーをリーダー
が指名して2名ほどがある程度時間を貰ってしっかり喋るみたいなスタイルに変えて来てました。
多分、MCにかける時間は以前の全員話す時とそう変わっていないとは思うのですが、毎回コメント
考えるメンバーも大変だろうし、疲れからコメントまで気持ちが十分行き届かないメンバーも中には
居たと思うので、この変更はメンバーからも好評だろうし(ただし、誰に当てるか分からないから
話す内容だけは各自考えといてと言われてたら逆に辛いだろうけどw)推しが指名されたりしたら
推しメンの話をゆっくり聞けるという点でもファンには嬉しい事ですし、少し他の子の声も聴きたいと
思いましたが、何かを変えていくと言う事は凄い良い事だなと好感を持ちました。

さて、日曜日から気が付けば現在金曜朝になってましてwちょっと最近疲れが深刻だったり、何かを
することが非常におっくうになってたりと歳を感じてしまいます(-_-;)
と、僕の事は置いといてどうやら武道館ライヴではさゆやれいな、愛ちゃんに辻ちゃんなどOGも多数
参加して非常に盛り上がったようで羨ましいw
この分だとどぅーの卒業武道館ではどうなっちゃうのと期待が高まるのも無理ないですけど、ここで
またOG出てきちゃうとさすがにどぅーの立場が無くなっちゃうので歌う事は無いでしょうけど、
花束持っての挨拶ぐらいはありそうなだけに、今回の武道館行けた人は非常にラッキーだったかも
しれませんね。
まあ、ひょっとしてと毎年期待してしまう紅白も恐ろしい程話題になる事も無くひっそりと発表されて
て20周年という節目をもってしても駄目なのかという思いと、やっぱりカウントダウン始めたのは
今後もその可能性無いよって事なのかと思ったりしてしまいますが、せめて今年ヒット曲でも出せてれば
十分可能性はあったように思うんですけど、もうそんな力も気持ちも無いのかなあ・・・。
夢、絵空事になっちゃうけど、りほりほが帰って来た頃にはなんとか紅白出てOG選抜メンバーとして
参加させてあげたい。

と、すっかりライヴの感想から話が逸れてしまいましたが、今回のライヴ久しぶりに楽しめたのは
良かったんですけど、いつまでも´14のペンライト僕は使用してて、特に推しも居ないのでずっと
小田ちゃんのパープルで応援してたんですけど、なぜか終盤でどれがパープルなのか分からなくなって
誰かも分からない色でずっとペンライト振っててメンバーが不思議に思って見てたらすんません、
犯人は私ですw
今だと色ももっと増えてるから多分僕には区別も付かないだろうし使いこなせないだろうなw
しかし、いつの間にかえでぃーメンバーカラー赤になってたの?とか(実際はイタリアンレッド)
あまりにも情報知らなさ過ぎて自分に驚いたライヴでもありましたw

改めて思ったのは、最近になってマツコ・デラックスさんがハロプロというか、つんくの作る曲が
好きと発言するようになったように、今回のライヴもそうなんですけど、ジャンルにとらわれない
色んな曲を楽しめるのがつんくさんの作る曲の魅力の一つでもあるだろうし、なによりその曲に
込められた思いが胸を打つから彼の曲は愛されるのだなと今回の名曲の数々を聴いてて強く感じました。
やっぱりこの歳になって来るとそれなりに色々経験してくるし、より歌詞に込められた思いとか意味が
理解出来るようになってきて、そんな曲達を歌える彼女達はとても幸せだと思うし、これからもっと歳を
重ねていくうちに、つんくさんの作った曲に込められた思いと深い意味を知った時また改めて自分達は
凄い役目をさせてもらっていたんだなとさらにつんくさんの曲が好きになり偉大さに気が付くことになる
んだろうなと思ったら、なんだか感慨深いものがありました。
やだね歳取り過ぎて感傷深くなり過ぎてるわw

と言ってるまに土曜日の夜になりもう1週間ですよ(^-^;
先週公演終わった後はすぐにでも記事にしたいと思ったんですけど、競馬の予想も上げなきゃだったし、
何より最近通勤を自転車通勤にしてみたんです。
経済的な事とか、仕事の始まる時間が遅いのでしばらく終電近くなるケースが多かったというのが
理由だったんですけど、これが最初は問題無くやれていたので、なんとか体が慣れるまで辛抱出来れば
と半月ほど頑張ってみたんですが、結局風邪で休んじゃったり仕事も増えて体力的に支障が出るように
なったりで今週から電車通勤に戻しましたw
まあ、今までロクに体動かしてなかった人間がロードで結構飛ばして片道1時間ちょいの距離を往復
する訳ですから仕事に支障が出ない方がおかしいw
すっかり、話が脱線してしまってますけど、娘コンのあとにお祭りが終わったせいかガクッと
モチベーションが落ちてしまったのをきっかけにロード通勤やめたお陰で仕事に集中出来るように
なりましたし、ある意味良いきっかけだったなという話がしたかっただけなんですけど、
仕事が最近早めに終わって終電の心配する必要も無くなってきたのもありましたし、健康にも
良いしと始めたんですけど、やり始めたら電車でスマホいじりとか出来ないし、娘の曲も聴けないし
で、地味にストレスの元が増えてたんですね。生活のリズムを変えるのって難しいなと実感しました。

さて、言い訳も書いてスッキリしたしw来月12月11日のどぅーの卒業武道館は例によってスカパー
さんで生放送してくれるそうなので、いつものように12月だけ加入しようと思いますw
実質1月までだけど、まあ音楽はフルコーラスがちょうど2週連続ハロプロスペシャルとかやってくれる
し、12月に再放送あるんでちょうど良いかなと。



注目はまーちゃんがどんな別れの挨拶をしてくれるかですね~。
多分最後まで素直にならないパターンだと予想しますがw少なくても後は任せて
という意気込みは聞かせてくれるんじゃないかと期待してます(*^─^*)ニコッ
では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))

やっぱり鉄は熱いうちに打てと言いますが、1週間も経つと感動も薄れちゃって何を強く感じて
書きたかったのか忘れちゃってますね(^-^;

動画はナルチカ?で衣装も違うけど、白い衣装が印象的で凄く良かった。
新曲3曲の中では一番この曲が好きかも。
歳の話ばっかりになるけどwこの歳になったからこそ、「若さ」の良さも理解できるし、
聴いてるだけでなんか「まだまだ頑張らなきゃな」と励まされる気がしてくる曲ですね。

これだけ、つんく作曲を称賛しときながらなんですが、ちゃんと聞くと弩級も結構良いなと思いましたw
やっぱ生だというのもあるんだろうけど、ライヴ向きで盛り上がる曲だなと思って評価変わりましたよ。

邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!(初回生産限定盤SP)(DVD付)
クリエーター情報なし
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =

 

邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!(初回生産限定盤C)(DVD付)
クリエーター情報なし
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =

 

邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!(初回生産限定盤A)(DVD付)
クリエーター情報なし
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =

 

【Amazon.co.jp限定】邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!(A)(モーニング娘。’17 Amazon.co.jpオリジナルポストカード付)
クリエーター情報なし
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =

 

【Amazon.co.jp限定】邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!(B)(モーニング娘。’17 Amazon.co.jpオリジナルポストカード付)
クリエーター情報なし
UP FRONT WORKS Z = MUSIC =