朝日杯フューチュリティステークス回顧。

2019年11月15日

おはようございます、すがのおーじです。
今朝razerサポートセンターに電話したらあっさり故障と認められたので、
着払いで送る事になりました。
これだけあっさり認められたと言う事は事例としてよくあるケースなんで
しょうけど、razerで固めて買った身としては想像していたより頼りない
商品売ってるんだなという印象を持ってしまったんですけど、まあ外れ
を引いたと思って交換商品なり修理商品の状態をみて判断しようと思います。
スムーズに話が付いたという点では好感ではあったんですけどね。

朝日杯フューチュリティステークス
ちょっと気になったのと欲が出たのでステルヴィオとダノンスマッシュの馬連も 買い足してしまったんですがwまあ本命に厚く買っても僕の資金では儲からない ので、宿命と思って受け止めてます(^-^;
とりあえず有馬に繋がる資金は戻って来たし、この秋の新聞代ぐらいは手に入ったしw 良しとしましょう。

1着ダノンプレミアム
やや掛かり気味かと思って失速を期待するも直線では手綱をしごくだけで楽々抜け出すほど の圧勝劇でスタミナもありそうですね。
今回は枠も良かったし、今後厳しい流れになった時にどうかという点をクリア出来れば 皐月賞も安泰かもしれませんが、すがさん昨日初めて知ったんですけどホープフルSって 今年からG1昇格なんですね(゚д゚)!
なんだか朝日杯の意義がなくなりそうでG1昇格には疑問はありますが、とりあえずそっち にどんなメンツが出走してくるのかが気になります。
そもそもは前身であるラジオ杯2歳Sのほうがクラシックに直結しやすかったので、分かる 気はするんですが、2歳チャンプはマイルも勝てる馬にして欲しかったな。

2着ステルヴィオ
最後は半分祈る思いで観ましたがw良く届いてくれました。
差し馬場とはいえ通ってる位置を考えればかなり距離ロスしてますし、
まだまだこの3馬身半は詰められると思います。
もう少し中団で競馬出来ればもっと良い勝負になったと思うんですが、
現時点ではこんな感じって印象で受け止めてます。

3着タワーオブロンドン
馬名見た時はロンドンブリッジの仔かと期待したんですが、全然関係無かったですねw
この馬も力は見せましたが、上位2頭とはやや差があるかなという印象。

しかし、ホープフルSが有馬の後という日程にはさらに驚かされました(^-^;
やはり競馬の〆は有馬でというファンが大半でしょうし、G1というだけで
買いたくなる心理はありますから、それを目当てにしてのG1昇格や新設を
してるんでしょうけど、歴史もやっぱり大事にして欲しい。
まあ、ファンを納得させれるとしたらホープフルSがクラシックと次代を担う 馬の登竜門となるレースになる事でしょうけど、とりあえず今年はもう1レース 楽しめるな↽思うつぼw
では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))