天皇賞・春回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。
相変わらず、帰りが遅く更新も遅れがちですが、一応天皇賞・春の報告を。

結果から言うと、ホッコーブレーブから行って外しましたw
ただ、冷静に見ていくと、人気のキズナは本調子に戻ってないし距離も
長いから軸ではないし、アドマイヤデウスはレース見た事無いけど、戦績
から感じる印象はこの馬も2400前後が一番力が発揮できるタイプって
感じで、軸だとやっぱゴールドシップだったのでしょうね、みんな
何度も裏切られてるから嫌がったんでしょうけどw

1着ゴールドシップ
全盛期?を思わす2段スパートで辛勝もやっぱりこの馬、国内最強レベルとは
呼べないなと改めて感じました。G1も沢山勝ったけど、ここ数年レベルが高い
名馬が多かったので、余計に物足りなさが残りました。

2着フェイムゲーム
軸が危なっかしいからこの馬もしっかり押さえてたんですけど、惜しかったですね。
人気薄で実力差、距離適性で強みを見せる馬が居なかった分来た感じでした。

3着カレンミロティック
良く知らなかったんですけど、この馬宝塚2着だったんですねw
ペース的にも決して先行馬に楽なペースでは無かったと思うので、
実力は確かなものなのでしょうけど、セン馬ですか・・気難しいのかな?
あ!そういえばいつの間にかセン馬も天皇賞出れるようになってたんだw
平成生まれの子達には何のことかわからんだろうなあ(^_^;)

ってことで、今後の注目馬ですけど・・・良く分からんのはラストインパクトw
この馬の距離適性どこやねん?w今回もそこそこ来てたし、おそらく能力で
カバーしてるだけで中距離辺りがベストだと思うんですけど、大きいとこで
も十分走る力付けてきてる様子なので今後怖い気がします。

さて、ハロプロネタもあるのでこちらはこれぐらいで・・・w
では、ほな──(=゜ω゜)ノ──ッ