2018年菊花賞回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。すっかり更新が遅れたのは馬券が外れたからだけでなくwちょっと用事で夕方まで出かけていたのでこの時間になってしまったんですが、展開予想はスローで当たってるんですけど肝心の軸馬が来なければ意味がないw

菊花賞

1着フェエールマン

スローな競馬がこの馬には味方して本来のベスト距離は2000~2400ぐらいかなと思うんですけど、上手く誤魔化せましたね。しかし、直線の切れ味はあったもののゴール前は危ないところを見事粘り込ませたルメール騎手。

ゴールまで計算して仕掛けているなら本当に神業ですが、人気も無かったですし、スローで道中余計な脚を使う事無く直線爆発させて残す技術はさすが世界的ジョッキーだなと毎回勝つたび感心させられます。

今年は武豊騎手の4000勝イヤーでしたが、かつて日本でジョッキーと言えば武豊という時代もあった中、現在見渡せば外国人の世界的ジョッキーはいるわ、地方では物足りぬと中央に殴り込んできた日本人騎手はいるわで、若手ジョッキーは技術を盗んでレベルアップするどころか、騎乗機会を得る事さえなかなか難しい状況で本当に大変だろうなと可愛そうになってきました(-_-;)

デムーロ、ルメールが日本で勝つようになった頃は短期免許でしたし、これで日本のジョッキーレベルも世界レベルに近づけると喜んだものですが、これだけ数が増えてしまうとさすがにちょっと考えさせれてしまいますね。

2着エタリオウ

人気背負っての早めの競馬であそこまで走ってるんですからジョッキーとしては落ち度は無いでしょうし、さすがステイゴールドの仔で長距離はお手の物でしたが、あの着差は悔しいでしょうね。

しっかりとした決めては持ってるようですし、お父さんのようなシルバーコレクターを目指してwいやいやお父さんを超えるような馬を目指して頑張って欲しいものです。

3着ユーキャンスマイル

ヾ(-ε-; )ォィォィまた辻記者の本命馬絡んできたよ。

さすがに今回は力が足りないかと思いましたが、こちらも人気薄もあって冷静に人気馬の動きを見て仕掛けを待った分最後キッチリと伸びての3着お見事でした。

よーやく武騎手も元気を取り戻したようですし、外国人騎手に負けずに社台にも負けずにwもう一花二花咲かせて貰いたいです(*^─^*)ニコッ

まあ、エポカドーロは切れ負けって事かな?w道中掛かり気味の場面もありましたし、一叩きされて気合が気負いになってしまったのかもしれませんが、絶好の位置にいただけに残念でした。

4着のブラストワンピースも血統的に中距離馬だろうし、今年の菊花賞はちょっと特殊だったという事で良いのではないでしょうか?(何が?w)

さて、来週は天皇賞・秋ですか!メンバー全然分からんけど、とりあえずそろそろ当てたいぞw

ではバィバィ!(≧▽≦)ノシ))