シミュレーションゲーム好きならお薦め♪ミュータント・イヤー・ゼロ、クリア後の感想&タルコフやりたい。w

2020年1月15日

こんばんわ、すがのおーじです。

先日、ミュータントイヤーゼロをクリアしたんですが、総プレイ時間としては毎日ちょこちょこやってましたけど、結局40時間弱ぐらいかなと思います。DLCも含んでのクリア時間なので、クリアまで時間が掛かるゲームが苦手な人や社会人には丁度いいボリュームだし、価格も4千円ほどなので値段なりの満足度はありました。

そもそものきっかけは兄者さんのプレイ動画みてやってみたくなったからなんですけど、シミュレーションゲームはそこそこ遊んできたので、最初は甘く見ていたんですが、結構序盤から厳しくて他のジャンルのゲームでもそうですけど、やっぱり装備やお金がある程度整うまでは辛い時期になりますね。

レベル上がってミュータントという特殊能力を使えるようになると戦闘も楽になってくるんですけど、僕はとてもじゃないけど、兄者みたいにベリーハードでプレイする余裕は無くノーマルでクリアしましたw

ベリハの上の難易度もあってこれ選ぶとキャラ死んだら復活出来ない仕様なのでオートセーブもその都度入るので、セーブデータちゃんと管理しないと確実に積むやつじゃんと思いながら見てましたがwとりあえず兄者さんも嘆いてたけど、お金代わりのスクラップの入手量が限定されているので、クリアまでに優先して買うアイテムは回復とグレネードとEMPグレネードぐらいに限られてくると思います。

拠点は1画面表示で施設も3つとダーケストより少なくて年寄りにも優しい仕様ですw

なので、序盤はついつい新しくて強い武器を買いたくなるでしょうが、武器や装備に関してはストーリーを進行させていけば勝手にお宝として手に入りますので、ショップでの買い物は上記のアイテムぐらいに抑えておかないと、これもまた積むことになりかねませんw

って事で、ダラダラ書いても分かり辛いので、攻略ポイントをいつものように絞って行きましょう。

ミュータントイヤーゼロをクリアする方法① 戦闘前、戦闘後は必ずセーブしよう!

とにかくこれさえ守ってれば安心してミスれますw次で説明するようにステルスキルで敵の数を減らして攻略というのが基本の戦い方になりますので、「ちょっとこの手順違った」と思う事が多々出てきます。

なので、まめにセーブする事をまずは癖漬けしてしまうと、ストレス無くプレイ出来て大胆な作戦も試す事が出来ますw

このゲームオートセーブは付いているのですが、幸いセーブスロットが沢山用意されていますので、上手く活用すれば選択肢が分かれる所も出てきますので、選択で迷った時の保険で別スロットにセーブ出来ますから大変便利です。

ミュータントイヤーゼロをクリアする方法②

マップをくまなく索敵し、孤立している敵から倒して行こう!

よーするにステルスキルが大事って話なんですけど、マップには大概一人で移動している敵がいるはずなので、まずは近くまでライトで近づいたらライト消して周りをしっかり索敵し、移動している敵が十分に仲間から離れた時に消音武器でキルして行きましょう。

序盤はクロスボウぐらいしか消音武器が無いと思うので、最大火力で1匹づつ倒す事から始まると思いますが、消音武器がパーティー分の3個揃うまではしっかりとガードから攻撃する事で、少しでもダメージを軽減するぐらいしか手立ては無いですw

因みに、難易度ノーマルだと戦闘中にダウン又は死んでも気づかれた敵を全滅させればHP半分近く回復した状態で復活出来ますので、回復薬節約のテクニックとして、残りの敵が少なくなったらHP少ないキャラを囮に攻撃させて、他のキャラは無理させずHP温存で戦闘終了させ、戦闘後ダウンした味方を復活させるという立ち回りは非常に有効でした。

 

トロフィーで「ゴメン」て!w

但し、これがベリハだと復活はするけど、回復は無しでさらに上の難易度だとキャラロストなのでご注意をw

消音武器が3つ揃えば、孤立した敵を順番に倒す事で安全に攻略する事が可能になります。

但し、敵のHPが高くて1ターンで倒せないケースだと仲間バレしてしまうので、1ターンで倒せる敵を探して数を減らし、あと序盤だと割と敵同士が離れているので、消音しなくても音が届かずにバレないケースも作れますので、その辺はとにかくマメにセーブする癖をつけるのがポイントですね。

まずは消音武器を3つ揃える事。それまでがなかなかキツイ・・・。

さらにステルスキルの応用として、ボーミン(猪のミュータント)の「猪突猛進」を利用して数ターン行動不能に出来ますので、孤立してるけどHP高くて削り切れねえって時はこれで倒してその間に消音武器で集中砲火すれば倒せたりします。

ただ、ミューテーションは使用すると数ターン使用不可になるので、使い所には注意が必要!

あとは機械系の敵はEMPグレネードで行動不能に出来ますので、ステルスキルにも仲間バレして大勢を相手にする時の足止めにも利用出来ますから、使い所を考えながら上手く活用してください。ちなみにEMPグレネードは範囲攻撃なので、複数の機械系の敵の足止めが可能となっております。

なんか〇クラ大戦に出て来そうなロボットですがwこんなデカ物もEMPグレネードならイチコロですぜ( ̄ー ̄)ニヤリ

ミュータントイヤーゼロをクリアする方法③ スタメンは固定して強化費用を節約!

スタメン固定についてはクリア後に2軍との併用もあり?と思ったんですけど、難易度ノーマルならまだしも、ベリーハード以上でやるならHP回復の恩恵は無い訳ですから、やるとしても1戦限りの使い捨てメンバーみたいな酷いやり方しか思いつかないのでwやっぱりスタメン固定がベストかなあ?と。

購入前から他のキャラクターとミュータント能力が被ってるキャラがいるというのが頭にあったんですけど、逆に言えば、メンバー入れ替えても戦力的にそう変わらない=ベリーハードでも使える?!と珍しくピコーンと閃いたかと思ったんですが、残念でした(-_-;)

で、スタメン固定で話をしますと、とりあえず武器の強化は「武器パーツ」をマップ上で手に入れるか、不要な武器を分解するかで手に入れるしか無いので、序盤は慎重に選びたい所なんです(終盤は逆に強化がレベル3までなのでパーツ余るんだけどw)消音武器を優先強化でステルスキルのチャンスを増やすってのも考え方としてはアリだと思うんですが、最終的には仲間バレするか、複数の敵を相手にしないと行けなくなる事を考えると、僕は火力の高い武器を優先して強化するのがベストなんじゃないかなと思います。

消音武器優先って考え方はベリーハード以上の難易度なら必要なのかもしれませんけど、取り敢えずノーマルなら火力優先で、メインが終わってから消音で良いんじゃないかな?

その辺は実際プレイしてみて自分の戦いやすいスタイルに合わして強化する方が楽しいだろうし、あくまで、すがのおーじ的にはと言う事にしておきます。

後は武器のアタッチメントとかもお好みです。

クリティカル狙いならクリティカル率の高い物を選ぶ事になるし、命中率や攻撃範囲増加に特殊効果付与などカスタマイズ出来ますのでライトゲーマーでもお手軽にプチ玄人感を得れますw

中盤から特に重要なのがミューテーションですが、高所から攻撃とかは僕は全く使って無かったので、やってみると意外と使えるのかもしれませんが、取り敢えずボーミンの「猪突猛進」マグナスの「人形使い」セルマの「ツリーハグ」が強かったのでこの3人をスタメンで使ってました。

アップにも耐えられるほど綺麗なボーミンさんw

猪突猛進は前述で説明しましたので割愛しますが、「人形使い」はすいません、兄者さんの動画見て無いんですけど、多分兄者さんも使ってます(動画タイトルに書いてたのでw)要は敵を操って戦わせることが出来るんですが、これがボス的以外はほぼ全ての敵に有効なので(但し機械には無効)成功率75%とかならほぼ成功しますので、かなり使えます。

その代わり、脳中は味方判定となりこちらの攻撃が出来ない点に気を付けないと、洗脳解除された途端敵に戻りますので、要は強敵を味方にして相手の戦力を削るのが良いか、それとも中堅クラスを洗脳して強敵にぶつけて両方削りあってもらうかという見極めがその時の戦況によって違ってくると思うので、そこは十分注意したい所ですね。

ハンターを洗脳した場面。強敵を洗脳するか、中堅クラスで両方良い感じに削るかの「選択は君次第!」

あと、地味に強いのが同じくマグナスの「テレキネシス?」(本編クリア後のDLCからミューテーションが一部強化出来るので正式名が分からない(^-^;)要は30%ぐらいだっけなあ?の確率で敵の弾を跳ね返す事が出来るんですが、これが意外と成功率よりも明らかに高いよね?ってぐらいよく発動してくれたお陰で何度救われた事かw

なんかマグナス人形みたいだなw

まさに攻防一体のミューテーションなので敵のターンでも攻撃出来ちゃう優れものです。

セルマの「ツリーハグ」は範囲内の敵の動きを1ターンだけ止めれるので、近距離系の敵とか敵が密集してる所に発動させてこちらに近づいて来るまでの時間を稼ぐのに非常に有効でした。

こんな感じで仲間を途中で見つけてパーティに加える訳です。

セルマは他にも「隠れ上手」というカバー弱の場所でもカバー強の状態になるミューテーションを持っていたので、気に入って使ってましたが、改めて他のメンバーのミューテーションを見てみると装備などの補正を利用すればマイナス補正分をカバー出来たりと微妙だと思ったミューテーションがかなり使えるものになるケースもある事が分かりましたので、自分のお気に入りのスタメンを作って楽しんでみて下さい。

ちなみに、すがさんはDLCで追加になる伝説のストーカー「ビッグ・カーン」を使用しなかったんですけど、彼は「グラウンドパウンド」という「猪突猛進」の強化バージョンのような範囲吹き飛ばし攻撃を持っているので、ボーミンと入れ替えても良いかもしれません。

DLCの日本語訳が要所要所で出来て無かったけど、ローマ字表記の方がカッコイイかもw

ただ、すがさんはボーミンをスタートから使ってて使い勝手が分かっていた分、ビッグ・カーンは使わなかったんですけど(他のミューテーションが微妙というのもあったし)確かに被ってるミューテーションもあるのですが、手に入れるまでの必要ポイントが違ったりするし、ミューテーションにも補助・主・副とそれぞれ種類分けされている為、強いミューテーションだけで揃えると言った事が出来ない仕様になっているので、そこを装備とのバランスをみて選択するのも楽しみの一つだと思います。

クリア前のボーミンさん装備。マスクがふざけてるようだけど、決して「格付けチェックの試食前ではありません」w

って事で、簡単にゲーム説明はしましたが、画像見て貰えれば分かる通り画が非常に綺麗なんですよね。

場面によっては4K?って思う程綺麗に見える事もあったんですがwどうしてもマイナーなイメージから内容が薄いのではと思われてしまうかもしれませんけど、ストーリーはともかくw音楽や映像、戦闘の演出など結構派手に魅せてくれるので、時間余り無いけどちょっとゲームで息抜きしたいな~って人には持って来いの作品なのでは無いかと思います(*^─^*)ニコッ

ラスボスをちゃんと良い位置でスクショ出来なくてすいません(^-^;まあね、いつものネタバレ対策と思って許して下さいw

さて、次はどのゲームを遊ぼうかな~と思いつつも最近は2BRO.さんの「タルコフ」に夢中でして、あのFPSシューティングの猛者の二人があれほど怯える程のプレイヤーレベルの高さ・・・と言うか装備の差からみて素人では10歩と進めないだろうなと分かっていながらも「プレイしたい!!」という強い欲求を抑えきれなくなるのは下手っぴでも、運が良ければお宝にあり付けるかも?というドリームがそこにあるからなんでしょうねw

準備万端で挑んで瞬殺された後の弟者さんの「アイテムを並び替える事で心を静める」ってくだりが何度見ても面白過ぎるwなんか1年前も同じようなシーン見た気もしたから余計笑っちゃう。25:15

1年前から気になってたゲームだけど、アップデートと4K映像でますます魅力的になったし、パソコン買う金無いから、PS5にでも移植してくれる事を祈るしかないw

PC版でさえ未だにβでやってますし、日本語にも対応して無い事から、今のジワジワ来てる「タルコフ熱」が本格化したとしても最低コンシューマー機への移植は早くても1年は掛かりそうだと思いますが、とにかく瞬殺されてもいいから、あの世界に飛び込みたいw

レムナントなら日本語版まで待てるけど、タルコフなら北米版でも余裕で海外アカウントからダウンロード版購入する自信ありますわ<(`^´)>w

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))