シリーズ初心者でも楽しめる!シャドウ オブ ザ トゥームレイダー。(クリア感想)

2019年12月23日

こんばんは、すがのおーじです。

昨日、無事にシャドウオブザトゥームレイダーをクリアしまして、2週間で2本ゲームクリアしてる暇人ですが(笑)最近クリアまで時間が掛かるゲームばかりやっていたので、これぐらいがスタンダードボリュームなのかも知れません。

クリア時間にすると30時間弱ぐらい?チャレンジトゥームを見つけ損なったので、それだけやっておこうかなと思ったんですけど、一度クリアしてしまうと蛇の都市への道は閉ざされるそうで、クリアした状態から周回出来る、「はじめから+」というものがスタート画面に追加されたんですけど、流石に最初からはやる気になれないので、このまま「サヨナラサ〜ン」(2bro.動画観てる人には分かるネタ(笑))になりそうです(^◇^;)

感想としては、謎解き探索メインと言われていたけど、終盤はガンガン銃撃ちまくってましたし(笑)その場でクラフト出来るので素材さえ持ってれば、持ち物に不自由することが無いのは結構ストレスフリーで良かったです。

矢で敵を混乱状態にして同士討ちさせたりするのも面白かったし、銃もアサルトだけでも何種類かあって性能良いもの手に入るし、銃系統はそんなに使わないゲームだろうと思い込んでいたので、ラストバトルでアサルト、ショットガン、ハンドガンを弾切れなりながら撃ちまくるなんて全く予想して無かった(笑)

完全に観光気分にさせられる画像w
まさに遺跡って感じで迫力あります。キムタクのジャッジアイズもそうだけど、ドンドンゲームの映画化(映像化という意味では勿論無くって(^-^;)が今後進んでいく流れに今後はなっていくんでしょうかねえ?
トンネルを抜けると絶景だったのでパチリ。
左下の白い長方形がアップグレードされた銃の箇所なんですけど、ここまでキチンと銃器系に拘って来るとは思って無かったので、楽しかったです。
旅行したいけど、めんどくさい・旅費が高いという方にピッタリの商品となっておりますw

ストーリー的には「聖剣と箱」の力に世界を左右する力がなぜ有るのか?アマルやトリニティにそれが渡ると具体的にどうなるのか?が分かりづらい為、クリアしても危機回避出来た実感も無く、平和が保たれたけど、何の為にあれだけ苦労したのか、結局ララ様が聖剣抜いてなきゃ良かったんじゃね?と思わなくもありませんが(笑)自分の探求心から起こしてしまった犠牲と被害の罪の意識から逃げずに前に進もうとする主人公の物語と言う解釈で良いのかな?

ただ、前作までをプレイして無くても十分話しは分かりますし、3部作完結編として父親を殺した犯人が分かって前作までをプレイして来た人にとってはスッキリしたろうし、ゲームスタートまでのロードがかなり長い反面、死んでからのリスタートがかなり速いので、そこはストレス感じなくて済むので、気にせずガンガン死にに行ける点は良かったです(笑)

楽しみにしていた猛獣との戦いがまさかトレーラーで出て来た、ジャガーしかいなかったのは残念過ぎましたが(-_-;)サブミッションとかで見逃してるのとか有るのかなあ?スキルで希少種の発見率アップとか、獣の心臓部が分かるとかあったので結構期待していたんですけど。

その辺もう少しプレイするなり、調べるなりしてみようかと思いますが、この2週間でダーケストダンジョンを進めたい欲求がかなり強くなって来たので、待ってる人が居るかは分かりませんが、ダーケストダンジョンブログ再開します!

で、ダーケストダンジョン終わったらライズオブザトゥームレイダーやろうかなw

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))

ライズの出来が良かったら一作目も購入してしまうかもw

ちなみに今TGS開催を記念してPSストアでセール中(26日まで)なので過去作で気になっていたゲームがあるかもしれませんから一応チェックしておいた方が良いかもしれませんよ(。>∀<。)ニコッ

[amazonjs asin=”B00H6Y7V4Q” locale=”JP” title=”トゥームレイダー ディフィニティブエディション【CEROレーティング「Z」】 – PS4″]