モーニング娘。55スペシャル。

2021年4月2日

こんばんわ、すがのおーじです。
最近は競馬ネタをちょこっと更新するだけになっていたので、ちょっと頑張って娘。ネタ書いてみます。

今年の春にNHKでモーニング娘。55スペシャルという特番が放送されたんですけど、デビューから55枚目のシングル曲全曲を一挙放送という娘。オタにとってはヨダレものの企画でしてw2夜連続で合計4時間ぐらいかな?あったんですけど、シングル曲55曲は勿論、OGのインタビューあり、’14のスペシャルライヴありで盛り沢山な内容に大満足だったんです。

なにより、NHKさん。紅白に出してくれないから娘。に対してあまり良く思ってないのかなと勝手に思ってたんですけど、今まで浮き沈みのあった娘。を見捨てることなく全シングルステージで歌わせてくれて映像を全て残してあるというのを知って「凄いな、愛を感じるな」と思いました!

ただ、収録した映像を流すだけじゃなくて、例えば番組のタイトルをりほりほが習字の筆で書いたと思われるんですが(モーニング娘。55スペシャルってタイトル)ちゃんと右下に鞘師里保って名前まで入れてくれてるんですよね。
これってりほちゃんファンぐらいしか興味無いし、気がつかないとこじゃないですか?でも、ファンの事を考えてというかツボはきっちり抑えてくれてて、エースへの気遣いと敬意みたいなものをそれをみただけで感じさせてくれるんですよね。
「好感を抱かせる」姿勢ってまさにこういうものだよなって改めて感じました。

他にも、シングル曲じゃない「Be Alive」を番組の最後の方で現メンバーで歌わせてくれるんですけど、これがカラフルキャラクターっていうアルバムに入ってて名曲なんですけど、普通のテレビ関係者だともっと受けが良い曲とか派手な曲を選択したくなるところをファン目線でこれからの未来に希望を抱かせるのにふさわしい曲という視点で考えての選曲がなされてるなって思うだけで、「NHKさん、ありがとう」って言いたくなりましたw
この辺は民放と違って予算が違うとか色々理由はあると思うんですけど、それを割り引いてもNHKの意義みたいなものを理解できたような気がします。
もっと世の中効率だけじゃなくて、人を幸せに出来るような物作りが出来るようになればいいのになあとか思ってしまいました。

ちなみに、好評につきもう終わってますけど6月の放送が再々放送だったそうです(*^─^*)ニコッ
しかも、再放送の度に微妙に映像の差し替えとかあって進化してるらしい(^_^;)
どこまで拘るんだNHKって感じですけどw、まあ非常にありがたい事ですよね。

しかし、こうやって全シングルを見てみると長いこと在籍したメンバーも素晴らしいし、特に暗黒時代を色々周りから言われながらも乗り切った高橋愛ちゃんは凄いし、あべこうじと結婚したって全然許せちゃうw
それぐらい当時は仕事も減ってメンバーの我がままも相当あったと思うけど、地道に自分たちを磨き続けてなおかつリーダーとして引っ張り続けた功績は凄いと思うんです。
今は幸せになったり、テレビから消えかけてる人とかもいますけど、当時は恋愛禁止を破ってリーダー就任して間もないのにすぐ脱退しちゃった人とか数人いましたよ。
おそらくメンバーは相当動揺したろうし、頭にも来たと思う。
そっから頑張って恋愛封印してモーニング娘。の為に自らを捧げた姿勢があったからこそ、今の道重リーダーにその魂が受け継がれてこの活躍を呼んだのだと思います。
今や、道重さんは理想のリーダーとまで言われて、評論されたり、新聞に載ったりする状態ですからねw
表には出なかったけど、陰で支えて次代に繋げたという意味で、「高橋愛」には我がままを言う権利があるはずなんです。

愛ちゃんが建て直して、さゆみんに繋いだこのバトンを今度は後輩たちがきちんと受け継いで行ってくれることを願います。

さて、いつになるかは分かりませんが、次回はそんな「高橋愛」が作ったプラチナ期を
中心に娘。を振り返ってみようかなと思います。
では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))