チャンピオンズC回顧。

こんばんわ、おはようございます、すがのおーじですw
チャンピオンズCは悔しい結果となりました。
うーん、サンビスタ・・・書きたいことはあるんだけど、
色々都合が悪いので素直に完敗としておきます(意味深だなw)

チャンピオンズC
1着サンビスタ
いや~、ねえwこれ以上感想が無いですけど、あれだけ強い勝ち方を
見せられると近走がどうとか相手がどうとか言う事さえ憚られるというか、
やっぱミルコ・デムーロ恐るべし!
現代競馬における騎手のウェートの大きさを改めて感じたレースでした。

2着ノンコノユメ
こちらもルメールの意地を見せつけられて「これが世界の腕だ」と言わんばかり
の騎乗ぶり。
馬自身も勝負所でズブイ癖面が課題としてありますが、3歳馬であの競馬出来るん
ですから、展開がハマったとはいえ、今後が非常に楽しみな馬ですね。

3着サウンドトゥルー
正直まさか後方2番手に位置して直線迎えた時は天を仰ぎたくなりましたがw
そこからの脚は出走馬間違いなくナンバーワンでしょう。
状態も非常に良かったのでしょうし、中団につけれていればという思いはあります
が、下手に連に絡まれて傷つくよりは良かったかも(;^_^A
通ったコースを考えればホントに強い、良い競馬で陣営も自信を深めた事でしょう。

しかし、思っていた以上にペースが速くなってしまいました。
レース前の騎手の声をテレビ中継が伝えてましたが、「前が止まらないので、
後ろからでは競馬にならない」的な発言をしていたので、これはちょっと
逆に「ヤバいな」とは思ってましたが、あれだけキャリアのある馬、ジョッキー
でさえもG1となればどうしても勝ちたい気持ちが強くなりすぎて、周りが冷静に
見れなくなるんだなと思ったし、さすがに競馬歴21年ぐらいになると、こういう
事が起こったケースは多々見てきているので、ある意味納得です・・・けど、
やっぱり競馬は難しい。
ましてや、レース前輪乗りをしている時に映った勝ち馬サンビスタの発汗?
(ゼッケンにつける薬かもしれないけど)の量が異常だったので・・・ねえ?w

今回は苦手なダートと言う事で被害も少なかったですし(結局予想段階どおりに
サウンドの馬単マルチとタルマエとの3連複流し買いました)気持ちを切り替えて
2歳戦といきまっしょい!
しかし、3連複より、馬単良くついたな(´-ε-`)ボソッw

では、ほな──(=゜ω゜)ノ──ッ