2018年チャンピオンズC回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。

チャンピオンズCは攻めの予想で行ったものの攻め所を間違えてしまいましたがwまあ中途半端に行くよりは良かったんじゃないかと思ってます。インカンテーションは良い位置にいたんですけど、ルヴァンスレーヴのペースでレースを進められてしまい、なし崩し的に脚を使わされてしまった印象でした。

そろそろ当たってくれないと、パット残高がみるみるうちに減って行ってるんですけどw余裕のある内に大振りしておくべきだったなと今更反省してます(-_-;)

チャンピオンズC

1着ルヴァンスレーヴ

デムーロさんには敵わないですね(^-^;能力的にも自信があったんでしょうが、まさかの先行策で完全に他馬はレースプランを崩されてしまった形でまんまとしてやられてしまいました。

枠順も良かったし、ケイティやノアに良い位置を取らせてしまうよりは先に仕掛けて相手のペースを乱してしまえという作戦だったのでしょうが、こういう柔軟な発想とそれを実行できる技術、また過去の経験と実績からの自信を持ってる彼はホントに強い。

ジャパンカップで種牡馬の話をしましたが、事ダートにおいてはシンボリクリスエスがそれなりに頑張ってるようなので、ロベルト系ということもあって、非サンデー系と言う意味で非常に貴重な存在になりつつありますね。

2着ウェスタールンド

すがさんノーマークでしたから、インカンテーションが3着だったら暫く再起不能状態に陥っていたと思いますので、ある意味幸運だったかもしれませんけどwそれほど速いペースでは無かったとはいえ、良い感じで気楽に差し込んでこれたんで、インカンテーションが残る展開ならこの馬の出番は無かったかなw

道中は後方2番手から2着まで押し込んできたのでまさにゴボウ抜きの競馬でしたが、次走以降も結果を残せるかどうかが真価を問われる事になりそうです。

3着サンライズノア

一転、ノアは好位で粘っての3着ですからよく頑張っていたんですけど、いかんせんデムーロに自分がやりたい競馬をやられてしまって持ち味を存分に生かす展開に持ち込め無かったのが敗因でしょうか。

なんにせよ人気馬としての力は示しましたので、今後はG1制覇も見えて来るんじゃないかと思います。

ルヴァンスレーヴが出走してこなければw

ちなみに、ノアもシンボリクリスエス産駒なんですね。今後の種牡馬としての活躍が楽しみです(´・∀・`)ニコッ

さて、来週は阪神ジュベナイルフィリーズですか。

イメージとしては割と荒れやすいレースなので、ここらでホント何とかしないとなw

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))