2019年皐月賞回顧。

こんばんは、すがのおーじです。

またまた外れちゃいましたが、これだけ堅いと諦めもつきます(笑)ここまで来たらデカイの狙って行くしかないですからねσ(^_^;)

皐月賞

1着サートゥールナーリア

もし、僕が調教師ならメンバー的にも今回は7割程度の仕上げで負けたらしゃあないで行くと思いますが、かなり接戦になったものの、勝ちきるところは馬も力あるし、ルメールの勝負強さは流石でした。

これでダービーはまた1番人気確定でしょうが、うーんもう逆らう材料は無くなったかな?(笑)

2着ヴェロックス

よく走りましたが、相手が悪かった。ジャスタウェイ初年度産駒という事で、ここまでは裏街道とは言い過ぎだけど、大きなところ使ってなかったので、成長力も期待できそうですし、今後が楽しみになりました。

3着ダノンキングリー

共同通信杯からのローテ最近、皐月賞のトレンドになってますが、伊達にアドマイヤマーズに勝ってない事を証明しました。だからってまだマーズも終わってないんだからね!(^◇^;)

結果的にペースは平均?スタートからかなり積極的に出てくる馬がいましたが、道中少し息入って早め進出という競馬で好位で溜めたいマーズには厳しい競馬になりましたが、それで4着なんだから悪くなくなくない?(笑)

まだまだこれからの馬みたいだし、秋に期待かなσ(^_^;)

さて、来週はG 1中休みでなんかホッとしますが(笑)普通なら春天なのになんか時代に取り残されようたかんじ。では、( ^_^)/~~~