高松宮記念回顧。

こんにちわ、すがのおーじです。
久々にPC更新でやっぱり使いやすいw
春のG1スタートは残念でしたが、混戦で馬券的には面白かった
ものの、レースレベル的にはG3クラスで寂しいメンバーでしたつД`)グスン

高松宮記念
1着セイウンコウセイ
馬場が味方したのもありますが、それにしても1頭だけ次元の違う競馬してました。
しかし、良い訳になるけど雨予報とはいえ朝からあれだけ晴れてたのでなんとか
馬場は持つかなと昨日の朝に投票したんですけど、やっぱり日曜休みが良いw
考える時間があると裏目に出てしまう事もあるんだけど、やっぱり仕事しながら
予想するのは難しいって、土曜日にゲームしてる自分も悪いのか(^-^;
何にせよ、久々のセイウンさんの馬のG1制覇嬉しかったでしょうね。
これでまた西山オーナーのニッカンコラムの寿命も延びたろうし良かった良かったw

2着レッツゴードンキ
正直この馬、桜花賞でお世話になって以来気にはしてましたが、早熟馬だと思いこんで
たもののダートから短距離路線に転向して復活。
さすがキンカメ産駒だけあって成長力もしっかりしてますね。
ただ、1200は過去の戦績からちょっと短いかなと思ったんですが、この馬、重馬場が
得意なんですよね。
なので、やっぱり日曜休みが良いw

3着レッドファルクス
順調さを欠いた条件でこれだけ走るんですからさすがの自力でした。
内枠がデータ的に悪いと言われてたけど、上位馬は内枠の馬だったり
内の馬場通った馬ばかりだったりで内目の馬場状態の方が今回は
良かったようですね。
競馬は難しいなあ(-_-;)

さて、いつまでも引きずってもいられないので次行きましょう次!
ドバイではヴィブロスがドバイターフで勝利したと言う事で佐々木オーナー
どこまで調子やねんと羨ましい限りですが、いやいや誠にめでたい!
しかし、ドバイワールドカップのアロゲートの強さと言ったら・・・w
まるで他馬を子ども扱いでしたね、やっぱダートはアメリカ馬なんだなー
と改めて実感させられる競馬でした。

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))