2021年高松宮記念回顧。

こんにちは、すがのおーじです。

高松宮記念はラウダシオンから行って外れ(笑)

戦績からサウスポーだと思って期待してたんだけど、馬場が合わなかったかなあ?

高松宮記念

1着ダノンスマッシュ

時計勝負得意な連中が必死に走ってる姿が印象的でしたが、かなりタフな馬場だったようですね。

そんな中キッチリ勝ち切ったダノンスマッシュは伊達に香港G1勝ってないところを証明してくれました。

これでやっとダビスタ並みの強さに近づいたかな?(笑)

2着レスシテンシア

阪神ジュベナイルF時から能力はかなり高いとは思いましたが、今回は外枠という事もあり中団前からのかなり厳しい競馬となりましたが、最後までダノンを追いかける凄い根性を見せて、ただのスピード馬ではない事も証明しましたね。

理想はハナに立つ競馬なんでしょうが、今回1番強い競馬をした馬は?と問われれば間違いなくレシステンシアと答えて良いと思います。

3着インディチャンプ

インディチャンプは流石にスプリントの距離は短いはずなので、結果スタミナを問われる競馬になったという事でいいんじゃないでしょうか?

大きな力の衰えはないかもしれませんが、4歳世代が意気が良さそうなので、この春で引退でも良いと思うんですが、色々事情もあるんでしょう(笑)

さて、次は大阪杯かな?ドバイのクロノジェネシスは残念でしたが、やっぱり牝馬は強い馬多いですね。

コントレイルが名馬クラスになれるか、3冠馬と言う肩書きレベルで終わるのか試金石の一戦となりそうです。

っていうかグランアレグリアの二千ってどうなんだろ?σ^_^;

では、(^^)/~~~