これがシン・モンスターハンターだ!モンハンライズが売れる理由。

こんばんは、すがのおーじです。

モンスターハンターライズ遊んでますが、今作はカプコンもかなり思い切ったシステム変更をして来たなと言うのが率直な感想ですけど、ワールドであれだけ敷居下げたはずなのに、このゲームってまだこんなに削ぎ落としても大丈夫な部分があったんだなとちょっと驚いてます。

結果的にワールドが海外ではそこまで評価されなかった反省から、よりシンプルにゲームの醍醐味である「狩り」に重きを置いた事でこれだけ長い歴史のあるゲームを変革させてくれた開発陣に拍手を送りたいです!

しかし、ワールドに比べて宣伝に力が入ってなかった印象が強いんですが、ソニーがライズ恐らく出せない手前、売れると分かってる自信作をカプコンとしても大々的に宣伝出来なかったのかなぁ?と思ってしまうほど、見事な出来映え。

あと、Switchのスペック的に無駄なムービーやアクションを削った方が楽しんでもらえるし、携帯プレイにはテンポの良さも必要でしょうから、本当に結果オーライで(笑)Switchだからこそ生まれたライズなんでしょうね。

今回はひらがな漢字も使えるという事で名前は画像には載ってないんですけどw、ワールド時代に使ってたSamurai‐heartという名前を平仮名にして「さむらいはーと」と名付け、ガルクには海外種牡馬の「ガリレオ」の名を、アイルーにはモーニング娘。絡みで「エビデンス」と名付けました(⌒∇⌒)

因みに今回の教官って〇ルトのカ〇シ先生ですよね?w

モンスターハンターライズが売れる理由①

Switchのスペックでも快適に遊べるモンハンを追求した結果、醍醐味である「狩り」が存分に楽しめる作品作りに成功!

先にも書きましたが、採集作業などの無駄を省く事で狩りに集中出来るようになり、非常に遊びやすくなりました。

その分、オトモの管理が大変だったりw他の作業が増えてはいるんですが、そこはもうちょいスリムにしても良いかもしれない。

何にせよ、子供でも簡単に遊べるゲームと変化していますし、今作はswitchでのタイトルという事もあり、ターゲットのユーザー層内にPSより低めの年齢層も入ってる事を意識したのと、海外で理解されない無駄なアクション(回復時のアクション要らないとか。)もそうだし、一番顕著な例がガルクに乗ってても走りながら武器を研げる事には驚きました!ここまでやらんと受け入れられないと判断したんだなという事が結構衝撃だった。

ただ、モンハンは結局モンスターを狩るという単純作業を繰り返しているだけなので、実際プレイしてみると「確かにこれぐらいスピーディーにした方が良いな」と納得させられました。

ヨツミワドウなんか好きやわ~wモンスターで相撲とるミニゲーム作って欲しいw

モンスターハンターライズが売れる理由②

「狩り特化」でも綺麗グラフィックに処理落ち無し!従来のモンハンの「モッサリ」アクションから、翔虫(かけりむし)を使ったワイヤーアクションで「スタイリッシュ」に変身!

いきなりちょっとだけ話題それますが、昨日集会クエストでHR6に上がって、百竜夜行をクリアし、集会所に戻って来た途端「色調が更に細かく設定出来るようになりました」とメッセージが表示されて、より好みの色を選べるようになったんですが、「なぜこのタイミングで?」と不思議には思いましたがwここまでプレイした人へのご褒美というか、さらにゲーム世界を快適に過ごせるようにして下さいという事なんでしょうかね。

プレイ時間40分とかなり長かったものの、結果0乙で安定してました。直前に2BRO.のタマミツネ動画みてたら、だいぶ翔虫のワイヤーアクションの使い方も分かって来たし、メッチャ楽しかった♪

しかも逆鱗とか最高かよw

へへ!お先に♪wボスが強そうなのでビビってたんですけど、慣れれば「百竜夜行」はそこまで難しくないですね。今のところは・・・w

で、この表示が出たわけなんですけど、こういうの拘る人には嬉しいのかもしれないけど、僕はあまり・・・(;^_^A

本題の翔虫も最初はなかなかうまく使いこなせませんが、慣れてくるとそれこそ自由自在に素早く動き回れるので、モンスターのスピードに圧倒されるばかりの旧作とは違い、ハンターも対抗できるようになった事で戦闘もスタイリッシュアクションの要素を取り入れることとなり、以前とは違う楽しさが味わえるようになっています。

イメージ的には「進撃の巨人の立体機動装置」的な感じなんですけど、使用回数やリキャスト時間もあるので、使いどころを考える必要もあり、狩りに丁度良い新鮮味を与えてくれていると思います。

サイドクエストも段々達成条件が厳しくなってるけど、序盤は普通に狩りしてたら達成してたってものが殆どで、おつかいクエストが少ないのも良いですよね。

しかも、武器製法が報酬とかだとやるしか!w

モンスターハンターライズが売れる理由③

苦痛なレベルのHR上げなどユーザー引き止めへの時間稼ぎを極力排除。結果、面白くなった「狩り」で使える武器を複数使用するハードルも下がり、ユーザーが望んで時間を注いでくれる理想的な運営が可能に!

まあ、これに関してはまだまだどう転ぶかは分かりませんが(クエスト等やる事を一通りやり終わったあとの問題)少なくてもワールドでのHR100以上じゃないとクエスト受けれないとか、そういう作業的な狩りを強いられる事は無く、ランクは上がって来てますので今後もアプデなどで新モンスターや新装備などが実装されても「復帰勢」や「後発組」がやる気を無くすような仕様にはならないんじゃないかと予想しています。

これも低年齢層を意識したswitchというハードがもたらした恩恵だと思いますが、今思えばワールドは痕跡集めから始まってと折角遊びやすくなったのに、開発側でまた作業を増やしてしまって結果ユーザーの不評を買う形となりましたから、ムービーシーンを今回極力減らしてる事など見ても、下手にハードが高性能だと「着飾りたくなる」事が返ってユーザーからしてみれば「不要」と感じさせられてしまう事が良く分かって、結局いかに自分たちの作りたい作品をユーザーに受け取りやすくする為の工夫やアイデアが大事なのかというのが立証された形となり、ちょっとゲーム業界としても今回のモンハンライズは色々投げかけるものがあって非常に良い刺激になったんじゃないかな?と思います。

因みに里クエストというソロ専用というか、メインストーリーを進めるクエストがあるんですが、そっちで操作になれてから集会所がスムーズで正解です。

僕は2BRO.さんのせいにするわけではないですが、最初から集会所に通ってソロでやってたのでかなり大変でしたww

里クエなら敵もそこまで強くないし(集会クエで装備揃えてたからだけどw)集会の下位クエストでもソロだと辛くなるので、その頃に里クエいくと楽に強敵から素材奪えて進行もスムーズかも。

ただ、集会クエソロメッチャ時間掛かってましたけど、その分報酬は独り占めなのでお金だけはかなり貯まりましたねw

また話反れますけどw例えばスタンプとか使えるアイデアってまさに今のスマホやLine世代の人達に向けてのアイデアだし、全てがユーザー側に寄せて行ってしまうと、つまらないスマホゲーみたいになってしまうので、バランスは大事ですが、こういう過去の作品イメージを壊していく感じや面白いアイデアをドンドン放り込んでいくスタイルはどこか任天堂テイストを思わるところもあり、カプコンさんに何があったのか知りませんがwこの調子でみんなが楽しめるソフトを世に送り出してくれることを期待しています(⌒∇⌒)

まあ、なんかべた褒めになってしまったんだけどwこれならモンハンはまだまだ変われる余地あるよな?と思ったし、単純に言ってしまうと「面白い」からみんなが欲しくなった訳でここでもう一度良い意味での原点回帰に戻ってもらって、次世代機も良いですけどソフト開発の方もしっかり頑張って欲しいなと思った、すがのおーじでした。

次回はプレイ感想記事を・・・今回で殆ど語ってしまったけどw

では、( ´Д`)ノ~バイバイ

最初はswitchにしてはダビスタじゃないけど、値段高くね?と思ったんですけど、ゲーム開始時に出てくる何とかエンジンwの性能のお蔭で処理落ちやロード時間の問題が解決出来てるのかなあ?

ちょっと、今回モンハンが業界に与えた衝撃はかなりの反響を生むんじゃないかと、やや下火になってきてたゲームブームに希望が見えた気がしました。

取り敢えず、現状ではアタマ差ぐらい先に進んだもんね~w

実際戦ってみると、4人だからか他のプレイヤーが強いのかかなりスムーズに進んでるんですけど、これでまだ亜種でさえ登場させてないところが恐ろしいわw

不安もありますけど、ここからどう展開させていくのか開発陣には期待していますよ!