2021年大阪杯回顧。

こんばんは、すがのおーじです。

大阪杯は結局堅そうだけど、雨で分からんと言うことで回避したんですが、素直に前で良かったんですねぇ。

阪神内回りと言うことで、馬場の影響もあってか有力馬は早目に動いたもののいかんせん前半のペースによる勝ち馬のアドバンテージは大きく、波乱となりましたが伊達にデビューから負け無しの馬では無い強い競馬だったと思います。

大阪杯

1着レイパパレ

先程書いたのが全てで、展開と馬場を味方に付けたのを割り引いても直線全く脚色鈍る事なく強かった!

押し出されるような形での上位人気に旨みを感じなかったんですが、もう馬券引退した方が良いな(笑)

2着モズレッロ

状態は良いとは書いてましたが、宝塚と大阪杯だけは状態の良さでカバーして来るケースがちょくちょくあるのでやっぱりキチンと疑ってかからなければ行けないなと反省。

因みにすがさん軸にするならサリオスでした(笑)

3着コントレイル

ゲート入り前でもかなりテンション高めの様子で気負ってたのかな?

これで大阪杯では1番人気がまた負けた訳ですが、やっぱりデータは素直に信じたものが救われるのね^^;

さて、次桜花賞は少し間隔開くのかな?

いよいよ春のG1が本格的に始まりますが、古馬中距離路線は戦国時代に突入しそうで面白くなってきましたね。

僕もモンハンばっかりやってないで、競馬のある日はちゃんと可能性探って予想しようっと(^_^;)

ては、(^^)/~~~