パワプロ2018栄冠ナインで初心者でも甲子園常連校になる方法。(迷走編)

こんばんわ、すがのおーじです。

甲子園常連校どころか今やそこそこに再度降格してしまった鞘師高校ですがwひとまずここまでの経過を報告。

前回の模索編では転生OBの岩隈君の3年夏のラストチャンスに賭けるという所まで書きましたが、(そういえば前回書き忘れたけど、岩隈君の1年の夏の地方大会2回戦だっけな?8回1アウトまでノーヒットで僕は勝つことに必死で全く気付いてなかったんですけど、ヒット打たれた瞬間に実況で「あー!ノーヒットここで破れる!」みたいなこと言われて初めて気が付いたw)結局貧打線は解消せず、3回戦で敗退(´;ω;`)

新チームは春に入部した金子君をエースに、内川君を打線の主軸として頑張りましたが、マイナススキルの多い金子君には手を焼かされましたがw貧打線もなんとか底を抜けてw特に1、2番は走力Aまで上げてのセフティーバント作戦で出塁し、得点圏まで進めて主軸で返すという野球で課題だった得点力はアップしたんですが、それでもやっぱりCOM強すぎる(-_-;)

内川君3年、金子君2年の夏には地方大会準決勝まで進んだんですが、☆500台の化け物相手エース相手に1、2番のバント攻撃と地方球場の魔物で攻め立てたものの9番の金子君に打順が回ってしまい、カードの数字も悪く無かったのでスクイズしたら打ち上げて魔物発動せずに3塁走者飛び出してゲッツーww

準決勝に至るまでに色々得たものもあったんですが、基本的なエースに何かあった時の継投を任せられる投手の育成を怠ってしまったのが最大の敗因だと猛省しました(-_-;)

で、現在内川君抜けて打てる3年も抜けたので秋大会は前評判D相手に貧打で初戦敗退w

9回まで1点リードしてたんですが、相手下位打線にまさかの一発を浴びて同点となり、延長の末敗れました。とはいえあまりにも貧打線だったのでこれはどの道直ぐ負けるぞと思ってたので、それほどショックでは無いんですけど、チーム立て直すのにまた1年、2年掛かるこの死にゲーなんとかなりませんかね?w

あと、さっき書いた地方大会途中で気が付いたというか結構有効だった作戦ですが・・・恒例の奴行っときます。

・初心者でも甲子園に出れる方法その⑤を修正

 追い込まれたらミート中心・慎重・流し打ち!

色々試しているんですが、ツーストライクまでは積極・強振でカードの数字の高い流しか引っ張りで、追い込まれたらミート・慎重・流しにすると割と出塁率が上がるかな?という感じがします。

相手ピッチャーが少し格上の能力を見せるようだったら、最初から積極・流しか積極・引っ張りで追い込まれてからはミート・慎重・流しだと得点圏などで貴重なタイムリーが生まれやすい感じがしました。まあこれも元々そこそこ打てるバッター居ての話なんですがつД`)グスン

ちなみに、流し打ちのスキルが付いてない選手でもタイプはあるのかもしれませんが、基本的にはカードの数字が低くても追い込まれてからはミート・慎重・流しの方が打ってる気がします。

あとは

・初心者でも甲子園に出れる方法その⑥ バントは初球は見送れ!

いくら走力がAとかあっても相手に見え見えの場面でバントを決めるのは現実世界では当然難しいですが、ゲームも一緒、初球はまず見送って相手の出方を見る事です。

幸い死にゲーの栄冠ナインもwスリーバントに関してはかなり甘くなってる様子で元々バントの数字が低くて打ち上げる以外はスリーバントでファウルして失敗した経験は僕はまだ無いので、相手の球数投げさせる効果もありますし、ツーストライクまでは様子をみて、追い込まれたらバントで送るなり、セーフティー狙うなりすると成功率アップすると思います。

ちなみに、すがさんはバントの時は他の指示は出さずおまかせにしてます。

引退はしてしまいましたが、内川君3年のチームは1、2番がバントで出塁、進塁させて、主軸で返す攻撃パターンに加えて2番と5番に内気を入れていたので、魔物来た時はかなり破壊力あって強かったので、このチームで甲子園に行けなかったのは非常に残念ですが、このまま年代を変えずに来年、成瀬投手取って、再来年はダルビッシュ投手取って、3年後は坂本選手取るか、またはまた森ルートを使用するか考え中ですけどwダルビッシュ投手はどれほど強力なのか興味があるのでなんとかそこまで踏ん張りたい気持ちもある。

って、事で今回の迷走編はここまで!

次回は金子投手の3年夏からお伝えしたいと思いますw

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))