「ハロプロが変わっちゃうよお」ってこういう事なの?~モーニング娘。編~

2021年4月1日

こんばんわ、すがのおーじです。今回は「ハロプロが変わっちゃうよおって」こういう事なの?第2弾、モーニング娘。編をお送りします。

というか、ハロプロ全体の話でもあるんですけど、結論から言うと・・・

「つんく♂さん帰って来て!!!」

と言う事ですw年明けの1月20日だっけな?(間違ってたらゴメンナサイ)にNHKのSwitchという番組で遂にマツコデラックスさんと対談するそうですが、彼女?彼?も同じ事言いそうな気がしますw

古参の娘。ファンなら感じてるかと思いますが、12期メンバーの選考からつんくさんがオーディションに関わる事が無くなり、13期、14期と見て来て凄いしっくりこない感じを受けませんか?

12期の野中、尾形以外は研修生からの昇格組とカントリーからの兼任の森戸ちゃんだというのも勿論あるのでしょうが、大物感のある子とか、面白い子が居ないんですよね。

一番の不安は小田ちゃんの後のエースを継げる存在が未だに不在で受け継げる現メンバーの成長も期待出来そうにない状況。これは大問題だと思うんです。

先日、初期メンバー5人が18年振りに集まって「愛の種」を歌って話題となってましたが、そもそもボーカリストオーディションから選ばれた彼女達はアイドルとはいえ、「量産型のアイドル」では無く「歌えるアイドル」なんですよね。

で、なっち→愛ちゃん→りほりほ→小田と続いて来たエースの系譜がいよいよこのままでは途切れてしまうという危機に瀕している訳です。

って事で、「つんく♂さん、帰って来て!!」と叫びたくなる所なんですが、今までも触れてきましたが、他グループとのバランスも考えて本来、娘。に欲しかったエース候補の人材を手放してきた事はもうしょうがないとして、とりあえず研修生目当てでも良いからオーディションにつんく♂さんを関わって貰う所からまずはやり直して欲しいのが、すがさんの希望。

で、オーディションの内容は別に放送したりしなくてもいいから、せめて決定後はつんく♂さんからの選考コメントを貰えればこちらとしても納得出来ると思うので、マツコさんも昨年遂に気が付いてましたが、僕は「ハロプロ好き」じゃなくて「つんく♂さんがプロデュースするアイドルが好き」なんですよね。

つんく♂プロデュースとは関係ないかもしれませんが、中澤さんが「扉は開きました、次へ行きますよ」「次の記念日は1月28日」とコメントしている事からおそらく10周年の時と同じく20周年記念隊が結成されるのではないかなと思いますが、2月7日には二十歳のモーニング娘。というミニアルバムも発売される事から、今回は現役メンバーとのコラボグループの可能性も出てきまました。

となると、ますますつんく♂さんのプロデューサー復帰のタイミングとして絶好なのでは無いかなと。

癌の手術が行われたのが2014年の年末だったはずですからあれから3年で再発の話も聞きませんし、いわゆる寛解と呼ばれる完治した状態とみて良いと思うので、以前のような無理な仕事の仕方は当然する必要はありませんが、そろそろ、扉は開き機は熟したのではないでしょうか?

まあ、事務所的にはようやく苦労して作り上げて来た脱・つんく路線が軌道に乗り始めた所なので、現実味が薄いと言えば薄いのでしょうが、それでも未だに正式な後任のプロデューサーが決まっていないというのも異常と言えば異常。

2014年の新生モーニング娘。の大攻勢でも復活し切れなかったのは当時としては凄いショックだったのを今でも覚えていますが、あの時つんく♂さんが喉の異常に気が付いていながらも作曲活動を続けてくれたお陰で種は確実に撒かれて成長し、現在の異常なまでの女性ファン増加現象に繋がっている今、再度攻勢をかける絶好のタイミングだと思います。

とりあえず、娘。のプロデューサーとしての復帰を・・・駄目ならせめて年に3枚ぐらいのCDリリースペースに戻して曲を作ってもらいたい。

昨年はアルバムの関係もあってリリースが叶わなかったのも納得しているので(それにしてもアルバムの新曲ラッシュは凄まじいまでの数で驚いた)よくよく考えれば、今度のミニアルバム用の曲も当然書いてるでしょうから、既に相当なハードワークこなしてるじゃないですかw

あとは、僕がファンとして求めるものは「譜久村、降りといで」のようなドラマがまた見たいという事だけです。つんく♂さんの著書などを読んでいるとかなり前からオーディションに深くかかわる事は無くなってるというような話を読んだ記憶がありますが、とりあえずつんく♂さんが納得して選んだ娘。をモーニング娘。に迎えてもらいたいという思いが今、非常に強くなっています。

現役メンバーもモチベーションがグンと上がるだろうし、直接関わる事が殆どない12期以降のメンバーに与える好影響はとてつもないものでしょう。何しろあれだけいたハロプロメンバーの誕生日を「もうさすがに覚えられなくなってきた」とまでいうぐらい面倒見の良い人ですから、あまり頼り過ぎるのも駄目ですが、精神的な部分でのメンバーへのサポートもして貰えれば今回のようなこぶしの悲劇は避けられるケースも出てくると思うし、年齢的にも娘。ОGが丁度母親に近い年齢になってきた頃ですから、全員でサポートするような体制でやれれば負担も一人に集中する事なく理想的。

と、書いてる間にまたガキさんの離婚のニュースが出てきましたが(;’∀’)まあ今や離婚なんて珍しいものでも無くなりましたし、あまりにも盛り上がり過ぎると冷めるのも早いというのはやっぱりあるんですねえ。

今、改めて´14のパフォーマンス見ると´16の春頃のレベルダウンから物凄く盛り返して来ているのが良く分かった。りほりほ&小田コンビに頼り切りの´14より、今のメンバーの方がバランスが取れてて曲が聴きやすい気がしました。

まあ、何はともあれ今年のモーニング娘。は何をやってくれるのか今から非常に楽しみです(´・∀・`)ニコッ

[amazonjs asin=”B07895ZV2G” locale=”JP” title=”二十歳のモーニング娘。(初回生産限定盤)(DVD付)”]

あ、あと一昨年に「明石家サンタ」に電話出演しためしくぼさんが視聴者やツイッターなどの「誰やねん」攻撃にめげて昨年は結局電話しなかったのかな?ようですが、そこはせっかく「誰やねん」とみんな言ってくれてるんだから逆手に取って「昨年、勇気を出して電話したらネットで「誰やねん」という反応が凄くて悲しいクリスマスでした・・・」ぐらいの面の皮の厚さを見せないと芸能界では生きていけないと思ったw

さゆが娘。が売れるためにバラエティーでピエロになったように、めしくぼさんも娘。の為なら自虐ネタでもなんでもやるぐらいの根性を見せて尊敬する道重さんを喜ばせてあげて欲しかったなw

パフォーマンスも以前に比べると格段に上がっているけど、資質として恵まれている訳で無いなら、勝負する舞台を自ら選んで強みを生かす事でグループに貢献するという意識も今のメンバーにもっと強く持って欲しいですね。ね、生田さん?w

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))