18年天皇賞・春回顧。

おはようございます、すがのおーじです。

馬券は今年初めて的中して気分的には楽になったんですが、いかんせん馬連1番人気ですからねw

取って損まではいきませんでしたが、とりあえずこれが良い流れを掴むきっかけになるようにしたいところです。

天皇賞・春

1着レインボーライン

競馬的にはシュヴァルが前の馬を捕まえに行く競馬になってレインボーにはおあつらえ向きの展開にはなりましたが、それでも前も止まってる訳ではありませんでしたから、強い競馬だったし、岩田騎手のイン突きが無ければ2着止まりだったのでは無いでしょうか?

残念なのはレース後故障が発覚した事ですが、右前脚のハ行ということで、今のところ重症では無いようで、ちょっと安心しました。

岩田騎手も結構長い間G1どころか重賞も勝てない時期があったらしく、今回のG1勝利は非常に嬉しいでしょうが、レース後すぐの故障発生だったので、人馬共に可愛そうでしたね。

何はともあれ、レインボー自体は力を付けていることを証明したわけですから、怪我をしっかり治して秋競馬でまた活躍して欲しいものです。

2着シュヴァルグラン

最終的には単勝3倍まで行きましたが、レース的には強い競馬したもののジャパンカップを勝って陣営も慎重になったのか、もう少し攻めの仕上げをしてきても良かった気がするのですが、非常に惜しい競馬でした。

先行する競馬が出来るようになってから非常に成績が安定してきましたが、おそらく次走となるであろう宝塚記念は距離適性的に微妙なところですが、体調がアップしていれば注意したい1頭です。

3着クリンチャー

はっきりいってこの馬は全く評価して無かったんですけど、結局現4歳馬のレベルはやはり高いと言う事で間違いないと言う事なんでしょう。

でも、4歳馬世代って特徴が無い地味な先行持久力タイプが多いので、馬券を買う方からしても決めてに欠けるもんだから非常に悩むし買いにくいw唯一スワーブリチャードが一歩抜け出した存在になりつつありますが、今の4歳レベルぐらいだったら古馬にももっと頑張って欲しいものです。

さて、来週はNHKマイルカップ。

GW中の3連勤はキツイですが、今度の日曜は休みが取れたので久々にリアルタイムで観戦出来そうで楽しみ(^O^)

でも競馬終わると16時で翌日の事考え出して結構憂鬱になるのが嫌(笑)

では、( ^_^)/~~~