自分でもビックリw朝日杯フューチュリティーS回顧。

2019年11月14日

こんばんわ、すがのおーじです。
今日は早く帰宅したので、久々にリアルタイムで観戦したんですが、
思わず力入りましたね(´∀`)bグッ
ぶっちゃけ1着争いどうでも良いぐらい13番しか見てませんでしたww

朝日杯フューチュリティーS
1着リオンディーズ
散々競馬中継でも絶賛されてましたが、これがミルコ・デムーロの恐ろしさw
勝つとしたらジックリ溜めてエアが動いてから仕掛ける競馬しかないだろうなと
思ってはいましたが、それに応えた勝ち馬の能力があってからこそ出来た芸当。
毛色もお母さんそっくりだし、シーザリオ最高傑作いよいよ誕生でしょうか( ^∀^ )ニコニコ
お母さん同士もライバル関係だったというのがなんとも、競馬ファンとしては
堪らないレースとなりました。

2着エアスピネル
リプレイでようやくレース結果を冷静に見ることが出来ましたが(;^_^A1馬身きっちり
差されての敗戦ですから、勝ちに行く競馬との差が出たとはいえ、相手が明らかに
一枚上行ってたという現実を突きつけられてしまいましたね。
陣営としてはショックでしょう。
まあ、距離とか馬場適正とか今後細かいところで得手不得手が両馬に出てくるでしょうが、
豊曰く「十分チャンピオンホースクラスなんだけどなあ」という敗戦コメントが全て物語って
いるように思います。
そう、リオンが「スーパーチャンピオンクラス」だっただけなんですよねえ(-_-;)
エアメサイアの現役時代も名馬、名牝ではあるんだけど、超がつくほどのレベルでは
無かったのを思い出しました。
その点、シーザリオは初めてアメリカンオークス制したりと世界規格でしたもんね。

3着シャドウアプローチ
いやはや、とにかく人馬ともによくやってくれたw
エアの横につけた時は「イケル!」と力が入りましたが、そこからなかなか来ない来ないw
確かに上位2頭の力は抜けているとは思いますが、この馬の能力も確からしいので僕は
中谷騎手の目を信じますよw
あと、ハレルヤボーイもマイルで34秒台で圧勝歴ありますから、展開に注文つくようですが、
今後も気を付けたいと思います。

馬券的には冷静になればエア&シャドウとリオン&シャドウを軸に3連単が正しかったのか?
もっと言えば、エア&シャドウの3連単とリオン&シャドウの3連複が正解だったんでしょうけど、
2歳線だけに難しいですね。
そもそも3連単を買いなれてない人なのでその辺今後勉強していきたいと思いました。
まあ、何はともあれ連敗ストップ(∩´∀`)∩バンザーイ
これでスプリンターズS買わなかったから9戦4勝で有馬取ったらイーブンじゃないですか!
こんな調子の良いG1久々だわw
では、グッo(´・3・`)ノ))バァーイ