2020年秋華賞&菊花賞回顧。(手抜きですいません(笑))

こんばんは、すがのおーじです。

もはや、どこまてこの連敗記録が続くのか先行き見えませんが(笑)レース回顧メインで頑張りたいと思います^^;

秋華賞

1着デアリングタクト

正直、メンバーに恵まれた感は拭えませんね(^_^;)

オークス以来と言う事もあり、テンションが上がらない様、かなり慎重になっていた様ですが、次走がジャパンカップなら状態アップと距離延長、メンバー次第では多少の人気落ちもあり得るので、それだったら狙ってみたいとは思います。

しかし、牡馬・牝馬で無敗の三冠馬と言うのは春は別として、この秋はJRAとしても話題作りとして達成させたかったでしょうし、抽選で漏れた噂の有力馬が居なかったのも厳正な抽選が、本当に行われたのか気になるものです。信用はしたいんですけどね(^_^;)

2着マジックキャッスル

改めて人気見たら9番人気と全然人気無かったんですね。関東の騎手が不振と言うデータと実績の少ない大野騎手で人気下げたんでしょうけど、ここまで落ちてたなら買えば良かったわ(笑)

馬の戦績は問題なかったし、狙い目ではあったんですが、下手に今回はユーチューブの予想とか参考にし過ぎて失敗。

因みにデアリングタクトの松山騎手は京都2000M内回りコース1勝だっけ?0勝だっけな?とにかく全く勝ててなかったそうですが、結局馬なんでしょうかねえ。

3着ソフトフルート

ローズSのリアアメリアは展開利で勝ったのは分かってたので怖くなかったし、タクト以外は本当に差がなかったと言う事でしょうね。

因みにすがさんはクラヴァシュドールからいってました(笑)

菊花賞

1着コントレイル

終わってみれば内枠が効いたなと言う結果でしたね。

距離的には2400Mぐらいがあってるんだろうし、馬体も春から増えてないところを見ると、古馬になってからの成長力に疑問はありますが、実力的には例年の3歳よりかはちょっと上くらいかなと見てます。

おそらく次走は有馬でしょうが、JRAは有馬でアーモンドと三冠馬対決を実現させたいでしょうね(笑)

まあ、タクトはジャパンカップ出るなら有馬は休養でしょうけど( ̄▽ ̄;)

2着アリストテレス

ルメールはやっぱり上手い!

この馬も血統だけ見ると長距離向きとは言えませんが、直線コントレイルに並びかけてから、もうひと伸びしたように、良い根性してますし、直線の脚があれだけ使えたのも道中の折り合いが上手くついたからでしょうから、人馬一体でよく頑張りました。

成長の伸びしろ次第では今後、大きなところでまた好走してもおかしくないだけの内容のある競馬だったと思います。

3着サトノフラッグ

残念ながら1、2着馬以外は力の差がある印象でドングリから抜け出した感じ(^_^;)

ただ、距離的に合わなかった馬もいるでしょうから、距離短縮で巻き返す人気落ちの馬は狙い目になってくるかもしれません。

さて、来週は天皇賞・秋・・・なんですが、やっぱりアーモンドアイ出走するんですねw

秋のG1始まってから1頭抜けた馬がいるレースが続いて、穴党としては辛い所ですけど、とりあえず僕はまず当てる所から始めないとね(^-^;

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))