2018年朝日杯フューチュリティS予想&回顧。

2018年12月22日

こんばんわ、すがのおーじです。

もうすっかりやる気を無くして予想もレース後に結果と一緒に上げるようになってしまった駄目おーじ

ですがwレースの方はまさかの波乱でやっぱり牝馬の牡馬レース挑戦は甘く無いし、疑って掛かるべきだったなと

反省しております。

ただ、ガウディーを買えたかというとこれも非常に微妙ですけどねw

朝日杯フューチュリティS

1着アドマイヤマーズ

戦績だけ見ると確かに1番人気だったアレグリアより見劣りはしてましたが、休み明け一叩きと成長期と言う事で

それを上手くデムーロがエスコートしたという後から見ればとてもシンプルな結果なんですけどwさっきも書いたけど、1番人気が牝馬と考えればセオリー通りならここはデムーロから入っておくべきでしたね。

昔から牝馬でも若い時期なら牡馬と成長力にまだ差が出ないから2歳戦なら大丈夫とか言われたもんですけど、牝馬はフケなどで調整が難しいと言われてますし、いくら2歳と言っても男の子ばかりの中で一人だけ女の子が走って勝つなんて人間で考えてもなかなか難しい事ですからw

過去を遡っても3冠牝馬アパパネが牡馬相手では敵わなかったり、能力的には足りているはずなのになんで?という事はありますが、そこはメンタルな面が影響しているのかなあ?と思ったりします。

現に牡馬相手でもあっさりG1勝つ牝馬はいますもんね。アーモンドアイなんかその典型ですけど。

なんで、今後は牡馬との実績の無い牝馬の挑戦は疑って掛かる事を徹底しようと思いますw

2着クリノガウディー

デムーロから行ったけど、外したと言う人はかなり多かったから枠連で万券ついたんでしょうね。

馬柱見てる時は「おお、スクリーンヒーロー産駒か」と思う程度の印象しかなかったし、戦績からみても買えない馬なんですけど、今回は枠順とスムーズな競馬が好結果に繋がったように思いました。

3着グランアレグリア

コメントは見てませんけど、敗因はなんなんでしょうかねえ?競馬っぷりはまだまだ粗削りという印象は受けていたんですけど、能力で十分こなせる感じだったし、状態も前走よりさらに良くなってる感じだったので、連は外さないと見てデムーロとルメールで1点買いして小銭稼ぎ作戦を敷いていたすがさんとしては、「またか・・・」「まさか・・・」という結果でした(-_-;)

近親にオークス2着のベッラレイアがいますし、距離伸びて良い口だと思いますから、来年牝馬限定戦に戻って仕切り直しになるかとおもいますが、そうなると馬券的に妙味無くなるもんなあw

しかし、ホープフルS設立の影響で、フルゲート割れするほどの手薄なメンバーだったので、ホープフルSはどんなメンバーが揃うのか興味ありますけど、距離的に考えてもクラシックを目指す馬は今後はホープフルSを選ぶようになるでしょうし、クラシックと直結しにくい朝日杯フューチュリティSの意義は昔から問われてましたから、今後はマイラーとの住み分けが進んで、よりレベルの高いレースが2レースで行われていけば良い改革だと評価されるようになるでしょうし、競馬関係者としてもより適性のあるレースに馬を出走させるチャンスが増えたという意味で、とても良かったんじゃないかと昨年馬券取らせてもらったから余計ですけどwホープフルS設立2年目にしてようやく、ただのG1乱立じゃないのね?というのが理解出来てきました。

さてと、あとは馬券が当たってくれるのを待つだけか(^-^;言うて、もう有馬とホープフルだけじゃないですかw

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))

最近職場でゲームの話をする同僚に「また衝動買いしたゲームあります?(*^─^*)ニコッ」と言われて∑(゚д゚ノ)ノウワッやっぱり旗からみたら丸わかりなんだと動揺してしまったすがのおーじでしたw

ちなみに衝動買いしましたよwちょっとfallout76に疲れたので、箸休めが出来そうなお手軽ゲームだと思って始めたら結局毎日寝不足ですw

そのお話はまた別の機会に!