2019年ジャパンカップ(σ・Д・)σゲッツ&回顧。

2019年12月18日

こんばんわ、すがのおーじです。

先ほどまで仁王プレイしていましたが、海坊主だけで5時間やってもうちょいまで行ってるんですが、あと一押しが遠いw

と、その話はまた別の機会としてジャパンカップというか秋のG1よーやく初(σ・Д・)σゲッツです(^-^;

これで気分的に楽になると思ったら、残るG1はチャンピオンズCと2歳G1が3つに有馬だけとなっておりますがwまあ、ヒット1本出れば流れ変わる事もありますから、いつも言ってますが、取る事が大事w

ジャパンカップ

1着スワーヴリチャード

忘れた頃のスワーヴが来ましたがwこの馬、重馬場は苦にしないようですね。

内をすくう競馬は秋天のアーモンドアイを思い出させましたが、マーフィー騎手の好判断でしたし、古馬になってからは切れ味で負けるレースが多かったので、時計の掛かる馬場状態が味方した部分も大いにあるかと思います。

2着カレンブーケドール

何はともあれよく頑張ったw津村騎手も色々言われるかもしれないけど、こうしてビッグレースを経験して経験を積めばいずれ花開く時期も必ず来ますから、今後も今回のような落ち着いた競馬を続けて行ってもらいたいです。

それにしても、1番枠はこれで4年連続の連対でディープ産駒3勝は全て牝馬ですから、ものの見事にデータ通りの結果となりました。

ただ、オークスでラヴズオンリーユーに食い下がったり、今回のレースも最後まで追いかける根性を見せてましたし、まだまだカレンブーケドールは強くなると思いました。

3着ワグネリアン

末脚の切れは際立ったけど、結局の所馬場が合うと言う部分が大きかったのかもしれない。

エタリオウにしてもワグネリアンにしても似た名前という印象から僕の中では抜け出せないので、現状をみるとこれ以上の前進は厳しいかなと感じました。

結果的に外国馬が不参加のジャパンカップは日本馬の実力を示して来たからだと騒いでいましたが、よーするに出走すると思われたアーモンドアイには敵わないと思われたと言うだけで、来年からはまた普通に参戦して来ると思ってますがw馬場が悪いせいはあったけど、もうちょっと良いメンバーを揃えれるように日本競馬界としても、もっともっと努力しないといけないんじゃないかなというのが僕のレースの感想です。

まあ、しかし東京トニービンからハーツクライへと血統は変わったけど、脈々と東京巧者の血は今も受け継がれているというのも、また競馬のロマンですねえ(*^─^*)ニコッ

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))