2021年天皇賞・春回顧。

2021年5月9日

こんばんわ、すがのおーじです。

天皇賞はウインマリリンから3連複買ってみましたが外れw

これだけ牝馬全盛の時代となってるのによく考えたら天皇賞・春って牝馬勝つどころか出走さえしないよなあと思ってたんですが、やっぱりスタミナを問われるような競馬になると分が悪いのかなあ?

天皇賞・春

1着ワールドプレミア

勝つには勝ちましたが、着差や相手関係みてもG1レベルとはお世辞にも言えない内容。

ただ、本来は2400ぐらいで最も力を発揮するタイプだと思うのでスタミナ勝負の今回勝てたのはそう言う意味ではよく走ったなという印象ですね。

2着ディープボンド

デアリングタクトも香港で敗れたし、ちょっとここに来て4歳世代のレベルに疑問符が付き初めてきました。

展開的には苦しい形となった分の負けでしょうが、まだまだG1レベルには達していないかなぁ。

3着カレンブーケドール

アンカツさんがちょっと際どい発言して関テレ内に緊張感が一瞬走りましたけど(笑)まあ、あのペースで先行して適正距離よりおそらく長い事を考えると、力は出しているとは思いますが、G2でも勝ち切れないようにステイゴールドじゃ無いけど、先頭になるのは嫌なのかも知れない(結局アンカツさんと同じ事言ってるな(笑))

リスグラシューとかの例もありますし、まだ化ける可能性はあるのかも知れませんが、年齢的な事を考えると残された時間は僅かで、厳しそうです。

さて、来週はNHKマイルカップ。

恐らく混戦となるかと思いますが、馬券の方もしっかり頑張りたいと思いますσ^_^;

では(^^)/~~~