2021年オークス回顧。

こんばんわ、すがのおーじです。

昨日はオークス、1番のククナから買ってみたんですが、予想以上の波乱で3連複とかでは泣いた人も多かったんじゃないでしょうか?w

ハギノピリアは流石にちょっと買えないよなあ(;^_^A

オークス

1着ユーバーレーベン

久しぶりにデムーロらしい騎乗を見た気がします。

本来ならマークが厳しくなるソダシを見て動ける差し馬から行きたかったんですが、いかんせんここの所のデムーロの精彩を欠いた騎乗というか、干されて良い馬回って来なくなっただけなんでしょうけど、ちょっと信用しきれなかった。

ただ、戦績は微妙だったものの明らかにオークス狙いのローテーションで末脚は堅実に切れるのは理解していたので、今回は信頼しても良かったですね(;^_^A

価値時計などを見ても決して飛びぬけた馬は存在せず、オークスの距離条件が向いたというレベルにも達していないかなという印象ではありますが、何はともあれ、おめでとうございました。

2着アカイトリノムスメ

どうせならアパパネ産駒に勝たせてあげたかったけど、悪い意味で良血らしい控えめな爆発力w

馬自体はまだまだ成長段階のようですので、これからどれだけ成長してくれるのかに期待いたしましょう。

3着ハギノピリア

矢車草を臨戦過程に含む馬はその昔はよく本番で穴開けた記憶がありますが、流石にこれは買えないかな(;^_^A

1勝馬が3着に来ること自体が先に書いたように今年のオークスのレベルを物語っているといえるでしょう。

ソダシ

クロフネ産駒は2千メートル以上になると戦績がガタっと落ちると関テレの某トラックマンがレース後に言ってましたがw僕自身やっぱりクロフネの現役時代を見ていますので、マイルカップを勝ってからのダービーでの惨敗は凄く印象深かったんですよね。

なので、桜花賞までのレース内容を見ると一見持久力に優れていてスタミナがありそうな印象を与えますが、どのレースも僅差勝ちのように、他馬を圧倒して勝って来た馬ではないし、適距離じゃないからという見方も出来るんだけど、感覚的なものでしか言えないんですがなんか2千がベストだろうなって感じw

多分、持久力で早めスパートして押し切るような馬は多少短い距離でも自分で厳しいレース内容に持っていく分、もうちょい離して勝ってるハズなんですよね。

ところが、桜花賞を見ると上がり時計が早いとはいえ高速決着なのに、勝ち馬と1秒以内の差の馬がわんさか。

これでマークが厳しくなり距離が伸びて自身は早めスパートの形に持っていきたいソダシとしてはイメージしただけでしんどい競馬が思い浮かんだと思うんです。

結果、吉田隼人騎手のとった作戦は無理せず好位で折り合って抜け出す手堅い競馬。

スタートして首を上げるような様子が見られましたが、スタミナに自信があるなら馬の気分を損ねないように行かせて落ち着いてから仕掛けるタイミングを計れば良かったと思うんですけど、それが出来なかった。

つまり、吉田騎手自身がソダシにはオークスの距離は若干長いというのが分かっていたんじゃないかと思います。

勿論、いくらスタミナ自慢の馬でも折り合いを欠けば自滅してしまいますが、そこまで入れ込んでる様子もなくいつも通りに見えましたし、馬群に入って厳しい競馬となりましたが、明らかに適正範囲外という感じの走りに見えました。

まあ、白毛馬がここまで無敗で来たこと自体が奇跡みたいなもので、その功績が色あせる事はありませんが、父のクロフネ同様今後はダート路線へ転向するのも秋華賞後は検討の余地はあるかと思います。

クロフネもデビューから完成度の高い強い競馬を続けて期待を膨らませてくれましたが、上がり時計の限界と距離適性からダート転向となった訳ですけど、ソダシの場合は瞬発力もある程度兼備してますので、それこそ2刀流を目指すのもいいんじゃないでしょうか?

なんにせよ、血の力というのは良くも悪くも凄いもんなんだなーと改めて実感したレースとなりました。

さて、来週はダービー!エフフォーリアの2冠なるか?に注目が集まりますが、オークスの結果を受けてサトノレイナスは人気落とすだろうなw

また楽しいレースが期待できそうです(⌒∇⌒)

では、( ´Д`)ノ~バイバイ