2019年マイルCS回顧。

こんにちは、すがのおーじです。

マイルCSはダノンキングリーが5着と言う事で、またしても外れましたが、思いの外ペースも遅く、タイムも1分33秒とかなり遅かった影響もあり、逃げたマイスタイルが4着に粘っていたように、差し馬には厳しい流れとなりましたね。

マイルCS

1着インディチャンプ

ペースは平均ぐらいで流れるかなと思ってましたし、実際は平均やや遅いぐらいだったかと思いますが、それを差し引いてもこの馬の強さは1頭抜きん出ていたのは、直線半ばまでムチ無しで伸びていた手ごたえの違いに如実に現われていましたね。

久々の同一年でのマイルG1制覇と言う事で、気持ちよくベストマイラーの称号を受けれて、陣営も気分良い事でしょう(*^─^*)ニコッ

2着ダノンプレミアム

正直、やっぱりこの馬強いという印象は受けない感じ。ペースも位置取りも枠も悪くなかったし、これで勝てないようでは、善戦マン止まりなのかなと思ってしまいます。

近年ならイスラボニータが丁度似たようなタイプですが、果たして今後まだ成長の余地はあるのか?人気を背負う馬なだけに、その辺も今後しっかり見極めていきたい所です。

3着ペルシアンナイト

強いのか弱いのか良く分からないという意味ではこの馬も同じだけどw京都マイルはやっぱり合うんでしょうね。

ただ、悲しいかな決め手に欠ける馬だし、2年前のマイルCSを勝てただけでもラッキーと言うべきなのかもしれません(^-^;

ダノンキングリー

アエロリットを物差しに判断したのは間違って無いと思うけど、東京コースを最後方から追い込んで差す競馬の派手さに囚われて、ペースが落ち着いた時に同じような競馬では京都コースでは通じないというのをイメージ出来なかったのが敗因でした。

右回りは問題無いし、初の長距離輸送は多少影響もあったかもしれませんが、内の芝が悪かったのを差し引いても、勝ち負けまではいけなかったでしょうね。

相変わらずレース展開の読み違いが馬券の敗因となっていますので、そこをなんとか修正していきたいです。

あと、ディープ産駒が人気してましたが、勝ち馬のインディチャンプはステイゴールド産駒と言う事で、種牡馬として大成功してますし、このまキンカメとロードカナロアのように孫も活躍してくれるような血統に育つことを期待しています(*^─^*)ニコッ

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))