ANTHEMクリア時間は25時間ほども、ここからが本当の「物語」の始まり。

2019年12月22日

こんばんわ、すがのおーじです。本日アンセム無事クリアいたしまして、予定では明日明後日ぐらいかなと思ってたんですけど、レベル20でもうラストミッション入っちゃって、一度出たら戻れません的なメッセージが出たので、大丈夫かなと不安だったんですけど、マッチングしたらレベル19の人もいてw一度は全滅したものの、ラスボスもそんなにいやらしい攻撃無かったので、問題無く倒して、そのままエンドロールからの新たな脅威の陰が見えたところでひとまずストーリーの方は終わった感じなんですが、昨日2BRO.さんのラジオ聞いてたら、ストーリーの続きは5月頃アップデートされるとの噂で、それまではエンドコンテンツで楽しんで下さい的なスタイルのようですが、この辺物議は起きているでしょうけど、僕的には「アリじゃね?」と思います。

確かに、最初から全部とまではいかないまでも20数時間で終わるストーリーモードは期待値からすればあまりにも短い、モンハンでさえ40時間とか実際僕だともっと掛かりましたし、期待してたユーザーとしては「なんだこれ?」みたいなところはあると思いますが、おそらくこれは3月の大作ラッシュに備えたEA側の競合対策なのかなと。

どっちにせよ今のゲームって凄い勢いでクリアされて「終わりました!」的な速さを自慢する風潮があるので、ゲームの寿命ってドンドン短くなってるから、どうしても長時間遊べるゲームを最初から作らざる得ないみたいなんですが、今年の場合少々長くしたところで最速クリアする人はクリアしちゃうしwディビジョン2やSEKIROに流れるのは避けられないのなら、丁度盛り上がったところでストーリー止めておいて他作品が落ち着いたタイミングで投入というのはアリだと思うんですよね。

ただ、この戦略を成功させるにはアンセムというソフト自体にそれだけの魅力が無いと成立しない訳ですから、どうなるかは実際やってみない事には分かりませんが、他ソフトも発売後に新しい要素をアップデートしていく流れはすでに出来てますから、それを今回はメインであるストーリーモードでやってみたという実験作的な意味でもどういった結果が出るのかは単純に興味はあります。

で、クリアしてみての感想ですが、短いストーリーではあったけど、僕ねゲームで泣きそうになったのって殆ど記憶無いんですけど、なぜか今回の主人公を含むメインキャラの3人(ハルークとフェイ)が一度は「暴虐の渦」での大きな犠牲をきっかけに繋がりひびが入ってフリーランサーの主人公だけ今回のゲームの舞台となる「フォートタルシス」にやって来ることとなり、再び「暴虐の渦」が起こる可能性が出た為に、3人が再集結して、ぶつかり合いながらも最後は分かりあい、お互いの弱さ、至らなさを認め、謝り、励ましあって、最後の戦いへと向かうというシーンが出て来るんですけど、歳食ったせいもあるけど、この辺は思わず泣きそうになった自分にちょっと驚きましたw

ネタバレになっちゃうけど、ゲーム内でも「一人でも強く、皆でさらに強く」みたいなセリフを昔、ハルークがフリランサーに教えたらしいんですけど、その事をすっかり忘れて、死んだ仲間の恨みを晴らすために、一人で何とか解決しようと抱え込んでしまうハルークが自分の言葉を思い出して反省するっていう部分が、何だかゲームのコンセプトの一つである、「マルチ推奨」というスタイルに繋がってるなとか一人で勝手に盛り上がってしまったんですけど(^-^;僕はめんどうなのでモンハンもずっとソロでやった人なんですが、今回はマルチ推奨で、経験値欲しさにマルチを積極的に使っていたんですが、マッチングも早く、コミュニケーション取れなくても問題無く協力して遊べる難易度で、丁度良い距離間でお互い気を遣わずに遊べるなという点を高く評価していたんですが、本当に一人では人間弱いよな、腹立つこともあるけど、やっぱり話聞いてもらったり、助けてもらえる存在がいるって事は大切だよなと妙に納得してしまいました。

悪者的にはオブザーバーというラスボスがあっさり倒されたり、「夜明けの団」の創始者ともいうべき将軍が女性だったというのも驚いたけど、将軍が乗ったジャベリンだけは「暴虐の渦」の中に入れたという流れから将軍のジャベリン探しに入った時は「そんなのあるなら乗ってみたい」と思わせといての、まさかの味方と思ってた人間の裏切りw

で、結局将軍のジャベリンが「暴虐の渦」に入れなくて裏切った人は将軍のジャベリンのパーツみたいなの渡して、フリーランサーのジャベリンでも「夜明けの盾」を装備して「暴虐の渦」に入れるように助けてくれるんですけど、その後はどこかへ姿をくらまして、これ絶対後で出て来るパターンですよねw

しかも、将軍のジャベリンはまだ健在だし、いつか手に入るのか上手い具合に気になる要素を残して5月に引っ張ったなという意味でも、今回の作戦はなかなか上手く出来てると思いました。壮大にネタバレしてすいませんw

結局、オブザーバーさんとは最初で最後の戦いとなってしまい、なかなかこういうゲームも珍しいと思うんですけどwトレーラーでみた悪そうなおじさんはまだ出て来てないので、組織自体は健在らしいし、今後新たなボスとして出て来るのかな?

今の所、メインジャベリンのレベルは22とカンストまではまだ暫く掛かりそうですが、とりあえず当面は依頼をこなしつつ、「将軍を超えるような伝説的なランサーになる事が目標」という凄い高いハードルを用意されてしまったんですがwとりあえず3月のアップデートまでにカンスト手前ぐらいまでは上げといてエンドコンテンツしつつ、ディビジョン2まで他のゲームやっていこうかなと思ってる感じですね。

簡単に言ってくれるぜ(^-^;

僕はキャラ育成の為に何度も周回するみたいな遊び方はよーやらないので(^-^;他のジャベリンまでレベル上げする予定は今の所ありませんが、敢えていえば、設計図って必要だったかなというのはあって、同じ装備でも特殊効果がそれぞれ付いてるんですけど、クラフトで作る装備にはどうも付かないっぽいんですよね。

そこがディビジョンとは違う点で、クラフトの楽しみ奪っちゃってるかな~とは思いますけど(結局お宝箱から手に入る装備の方が優秀って事になっちゃいますしね)同じインターセプターでも装備によって戦い方が変えられる点は良いと思うし、その部分での個性の出し方とかは自由度があってディビジョンとかより優れている点だとも思います。

最後までお世話になった我がメインウェポン「ウォーデン」君

アンコモンからレアがなかなか出なかったので、クラフトしようかと悩みましたが、よーやく終盤で出て良かったw

サブは最初は「初回特典のマークスマン」を使ってたんですけど、動画見てたら「デバステーター」が爆発ダメージも入って強いというので使ってました。球数が少ないのでここぞと言う場面でしか使わなかったけど、それだけに特別感はあって楽しかったですね(*^─^*)ニコッ

今後はスーツも追加される予定らしいですから、今の4種類に果たしてどういった役割のジャベリンスーツを追加出来るのか制作者のアイデアに期待ですね。普通にいくと回復職ぐらいしか残って無いんだけど、別にいらんしなあw

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))

しかし、「暴虐の渦」=「セカンドインパクト」だったり、神様が居なくなった世界で「賛歌」を手に入れる事で自らが神となるとか、かなりエヴァに影響受けてるな~とは思ってましたが、本家エヴァは2022年によーやく完結との事ですが、もっと早く完結させておけばまさに「伝説のアニメ」になれただろうに、あまりにも年月経ち過ぎた為に、影響を受けた他アニメに大概の話の終わり方は使われちゃったから、結局またグチャグチャパターンか、これ何かで見た事あるなパターンしかほぼ残って無いのが非常に残念。

そういう意味では、アンセムのラストの持って行き方は人間の弱さと強さを表現した良いストーリーだったなと思います。さらにここから話は続くだけに、エヴァを超えるぐらいのお話に盛り上げてくれると嬉しいですね(*^─^*)ニコッ

って、言ってたら何だかエヴァ見たくなって来ちゃったよwシンエヴァの「Q」のブルーレイ持ってたけど、あれ確か売っちゃったかな?wあとはテレビで放送した録画が確かあったからあれ引っ張り出そうかなw