ダービー回顧。果たして凱旋門への扉は開いたのか?。

こんにちわ、すがのおーじです。
ダービーは結局馬券的妙味が無さそうなので(なんだかんだでドゥラ完全には信用できなかったw)
パスしましたが、ひとまずダービー制覇、2冠達成お(・∀・)め(・∀・)で(・∀・)と(・∀・)う!

入れ込みだけが心配でしたが、デムーロも皐月賞よりもテンション高かったといってましたが、
なんとかレースに大きく影響するほどでは無かったので良かったです。
父キングカメハメハの持つダービーレコードを破っての勝利に世間は「強すぎる!凄い」と
絶賛されてますが、(まあ、無理やり盛り上げようとするテレビ、メディアの風潮も問題ですが)
果たして今回のダービーは実際のところどうだったのってところを検証してみたいと思います。
最初に答えを書きます。
私も分かりませんww
ただ、皐月の時の衝撃を考えるとうーん、ちょっと違うんだよなあ?って違和感もあるんですよね。

1着 ドゥラメンテ
スタートもよく、おそらくデムーロとしては後ろから差される可能性より、ユーイチのリアルスティール
の早め抜け出しを警戒してのある程度前での競馬だったかと思うんですが、非常に今回はお上品な
正攻法の競馬で勝ったという意味では、一番人気でダービーレコードは立派、強い!で良いのかも
しれません。
うーん、でもそれでもこれではまだ世界へは届かないという思いが消えないんですよね。

2着 サトノラーゼン
すがさんは、戦前あまりにもリアルスティールの評判が高いので2頭のマッチレースかと思ってたん
ですが、あちらさんが案外だったというか、馬自体良くなってはいたんでしょうけど、ホントに良くなる
のは秋以降なんでしょうね。
で、サトノラーゼンがいつの間にか粘ってて2着に来たわけですが、すがさん的には全くのノーマークで
ヴィクトリアマイルじゃないけど、上手くスムーズな競馬が出来て馬場も良かった分粘れたのかなと
いうぐらいの印象でして・・・。

3着 サトノクラウン
まさかのサトノクラウンでしたねw皐月でサトノから行った身としては複雑な心境ですが、ドゥラへの
不安はまさにこの2着、3着馬にあると思うんです。
サトノは皐月から状態キープ程度の出来(勝手な想像ですがw)と思ってたので、良く走ってるんでしょうが、
このややG1クラスでは力が劣る2頭がダービーレコードとそう差が無く走れてしまった事が非常に
引っかかる。
以前にも書きましたが、キンカメのダービーはまさに死闘。バルクを捕まえにいって、ハイアーゲームを
競り落とし、最後にハーツクライの強襲を抑えた、まさに消耗戦とはこういうレースの事をいうんだという
過酷なレースで強烈に僕の脳裏に刻まれているんですけど、今回の2着、3着馬が今後大きな舞台で
活躍するとはすがさんにはとても思えない。
その辺が非常に気がかりなのです。これが皐月賞のように圧勝なら手放しで、扉は遂に開くと書いた
でしょうが。

救いは今回テンションが高かったという点ですが、逆に今度はレースを重ねるごとにうるさくなるタイプ
なんじゃないかと心配は尽きませんけどwwもうここまで来たらやってもらうしかない!
このチャンスを逃せば日本馬による凱旋門賞制覇の夢は数十年後にお預けとなります。
兎にも角にも、出来るだけの準備をして行って来いの思いです。
鷹は枠に敗れ、衝撃は勝負に敗れ、無敵の金細工師でも夢は叶いませんでした。
名は体を表すといいますが、「荒々しさ」は果たして世界に届くのか?
一つだけ忠告するとすれば、現地での飼葉には気を付けろということだけでしょうw
あの時もし、衝撃が勝ってたら、大騒ぎになっていたでしょうねえ・・・、
タダの昔話ですけど。

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))