朝日杯フューチュリティーS回顧。

さて、回顧ですがまだ有馬残してますが(ちなみに25日は休みに
なったラッキー?w)今年の秋のG1での穴馬券(σ・Д・)σゲッツ
チャンスは今回が最後のチャンスだったでしょう(´;ω;`)
振り返ってみても今年の秋は人気馬が馬券に絡むケースが目立ち
大きく荒れたレースが少ないのが特徴的だったのですが、
今回は大本命のミスエルテの潜在能力は認めても先々週のソウルの
ように各条件をクリアした本命馬では無かっただけにここが
大きな馬券(σ・Д・)σゲッツの大チャンスでした・・・外枠不利という
頭とレース展開に悩んだ末にデムーロに逃げたのですが、考えて
みれば阪神ジュベナイルフィリーズでも大外の不利を克服して
2着に来てましたから、サトノアレスは十分ありだった。
まあ、全てが今更。
競馬って終わってから「ああ、ここにこんな事書いてる!」とか
気づいたり、探そうとしたりするもんなんですよね(^-^;

朝日杯フューチュリティーS
1着サトノアレス
やっぱり500万組強いんですねw
馬券師の須田さんはズバリ、サトノ1着固定の3連単でゲ──(σ・∀・)σ──ツ!!して
ますが、この人はデータに特化した予想してるので、こういうパターンにハマった
ケースだと非常に爆発力があって羨ましい。
今回は時間の無い事を言い訳に出来ない、守りの馬券になってる自分との「差」を
強く感じて非常に悔しい気持ちになりました(´-ω-`)シュン
ペースはややスロー気味の平均ペースぐらいだったようですが、3着のボンセルヴィーソ
が粘ってるのを考えると割と瞬発力勝負の競馬になったと言う事なんでしょうか?
詳しい上り時計とかちゃんと見てないのでわかりかねますが、どちらにせよサトノの
切れ味が1頭抜けていましたね。
全く注目されてない点は2種連続で藤沢厩舎だったことw
僕も今見てて気が付きました(^-^;
後付けですが競馬は終わってから色々見つかるもんなんですよね。
どちらにせよ、これでサトノが来年のクラシック今のところ一歩リードという
感じです。

2着モンドキャンノ
この馬も予想段階からずっと気になってたんですが、やたら人気無いのが逆に
気になってw何かあるんじゃないかと勘繰り過ぎました。
というか、この少ないキャリアで予想するのが難しい訳で、どこか一か八かの
部分出て来て当然で、今回がまさに勝負時だったんですがね~。
血統的にマイル持つか?微妙?と思ってたのですが、こちらも京王杯組が過去
好成績残してるというデータ通りに買ってれば何の不思議もない結果だったの
ですが、ちょっと滝にでも打たれて煩悩を捨てて来る修行に行きたい気分w
人気を見るのも大事な予想のファクターだと思うのだけど、やっぱり基本は
レースの傾向と展開予想を支柱にして予想を立てるべきで、オッズは余計な
事を考え過ぎてしまう材料になり易いので、その辺今後の予想に活かしていきたい
と競馬歴22年、全く学習出来てないのですがw
死んだ親父に競馬予想を教わったのですが、昔よく言われたことを思い出します。
「競馬新聞の予想の印を見ずに自分の予想をしてみ」と。
そういう親父も印に踊らされる人だったので血も争えなきゃ客観的だからこそ
言えた言葉だったのでしょうがw馬券師としの高みを目指すなら予想スタイルの
確固とした形の確立が無いと今の壁を越えられないなと改めて思うレースでした。

3着ボンセルヴィーソ
朝日杯といえば内枠と言う事で2枠の2頭の複勝・勝率が異常に高いレースなのですが、
それは舞台が阪神に変わってもまだ生き続けているようです。
状態も非常によく、ニッカンでいつもお世話になってる佐藤の哲ちゃんもピックアップして
ましたし彼の予想をボックスで買ってたら3連単取れてたという・・・w
ただ馬の状態は良いと分かってたのですが、松山騎手の腕に不安を感じてしまって
踏み切れ無かったのですが、まあこの馬からだと2着以内は厳しそうなので自然と
3連複とかになるので、軸も難しいという事でここからは入れないですかね。
それこそ1頭軸のボックス買いとかじゃないと駄目だろうな。

ミスエルテ
なんだか外れたくせにやたらと長い回顧となってますがw仕事が割と忙しいけど
最近いい感じで働けているのと何といってもダビマスが楽しいというので、
競馬熱が戻りつつあるのが影響しているようです(*´ェ`*)テレ
さて、ミスエルテですがまあ、初めての小学生での駆けっこが周りが男の子ばかりで
雰囲気に飲まれたといったところじゃないのでしょうか?
能力は確かにあると思いますし、要はステップレースのファンタジーSという過程に
問題ありだったかなと。
元々阪神ジュベナイルフィリーズとも直結し辛いので有名な同レースですが、それが
牡馬相手のマイル、朝日杯フューチュリティーSのステップとなるとメンバー的にも
牡馬との対戦キャリア的にも初めての事が多すぎた。
来年はどうするのか分かりませんが、とりあえず桜花賞であの2頭を負かしてから
牡馬戦線に再挑戦するかどうかを決めたらどうでしょうかね。
あと、川田騎手にはちょっと扱うのが難しい馬かも。
腕っぷしが強くて経験豊富な騎手が適任だとすがさん的には感じました。

個人的には5着に粘った地方で騒がれて中央入りしたトラストに注目してます。
元々札幌組はレベルが高い印象がありますし、まだ自分のペースでいけないと
力が発揮出来ないところがあるようですが、今回も5着には来てますし、能力は
確かかと。
問題はどこが買い時になるかなんですがw今後も出走してきたら馬券は押さえて
おきたい馬ですね。

ふう、深夜3時のテンションが長文にさせてしまったぜw
では、有馬で会いましょう♪
ほな──(=゚ω゚)ノ──ッ

実力的にはサトノダイヤモンドが抜けてるとは思うけど、あまり人気過剰なら
考えたいとまた人気に翻弄されてる自分がいるw