2018年大阪杯回顧。

おはようございます、すがのおーじです。

ようやく仕事も休みでブログも更新出来ますが、正直馬券さえ当たってれば即日更新してるんですけどwヤマカツエースは4着・・・着差はあったけど悔しいなあ(-_-;)

大阪杯

1着スワーヴリチャード

とにかく強いの一言w後方から一気に進出して早め先頭押し切りの競馬はかつてのゴールドシップの競馬を見ているようでしたが、本当にゴールまで持つのか半信半疑でみていたものの、全く危なげなく走りぬいてしまいました(゚д゚)!

これで右回りも特に問題ない事が立証出来ましたし、2400M前後の距離ならスワーヴ×シュヴァル×サトノの3強時代へと入っていくんじゃ無いでしょうか?ちなみにサトノダイヤモンドは戦前の陣営コメントから伺える通り時間をかけてじっくり立て直す感じでしたから、次走の春天?から本領発揮となるんじゃないでしょうかね。ちょっと距離長いし適正で言えばシュヴァルに軍配だろうけど。

2着ペルシアンナイト

こっちも強かったw距離不安を挙げましたがディスるようで申し訳ないけどユーイチ君であれだけしっかり走れるなら距離も問題ないでしょう。秋は時計が遅かったので早い決着に心配があったけど、それもクリアしたしマイル~中距離路線で今後活躍する事になりそうです。

3着アルアイン

終わってみれば4歳馬が上位を独占とやはり4歳世代強い説は正しかったという結果に終わりましたが、予想段階でも書いたようにこれだけクラシック上位馬が古馬になってもG1で活躍するのも珍しい。

しかし、横典が大きな事言ってたミッキースワローはどこにいたの?w先々は走るかもしれませんが、まずはG1で好走実績作れるようなレベルにならないとですね。

あとはこれまた4歳のトリオンフはまだまだ伸びそうだし、ウインブライトは松岡騎手がえらい惚れ込んでる馬のようでまだ化ける余地はありそうだし、今後も4歳馬に要注目だなという印象の残ったレースでした。

では、バィバィ!(≧▽≦)ノシ))