チャンピオンズCは回避で阪神ジュベナイルF回顧。

こんばんは、すがのおーじです。

ダビスタ買いましたが、余りにも走る子が出ない(スピードコメント見たことない(笑))ので、ゲーム実況など見てもかなり皆んな苦戦している様ですね。

これは逆にアクセスアップのチャンスかと思いましたが、ちょっと余りにも過去作とのバランスがおかしいので、時間も考えると攻略法を模索するにはコスパ悪過ぎかと思ってサイバーパンクに逃げ始めてます(笑)

せっかく完璧な配合作ったけど、全然コメント付かないし、代重ねの重要度が高く調整されてるのかと思ったら、高額繁殖牝馬から種牡馬安定Aとかでも三冠馬報告もあるし、まだまだサンプル数が足りないんでしょうけど、単に時間稼ぎの様な気もするし、やっぱり積極的に取り組む気になれないな(笑)

阪神ジュベナイルF

1着ソダシ

もうちょいカッコイイ名前を付けてやれば良いのにと思ってたんですが、サンスクリット語で「純粋、輝き」という意味で名付けられたんですね。

聞きなれない言葉だし、覚え辛いですけど、何にせよ戦績だけ見ても、札幌2歳Sの内容はひと昔前のクラシックホースを輩出していた頃を思わせる感じで、上がり時計には限界はあるだろうけど、それを補って余りあるスタミナと持久力が武器の馬という感じで、こういうタイプはしぶといし、他馬の脚を削れるから安定して結果出せるんですよね。

すがさんはソダシとメイケイエールの3連複2頭流しで行ってましたが、スタートからの行きたがったのと、勝ちに行く為、早めに動いたのが残念でした。

まあ、着取りに行ってるわけじゃないし、あのペースなら多少強引でも早目に動くしかないので仕方ないですね(^_^;)

何にせよ世界初の白毛馬のG1制覇と言う事で、今年は鬼滅もそうだけど、日本が話題になるニュースが多くてちょっと嬉しいですね(^^)

距離的には二千までは全く問題無さそうなので、今後の課題は、落ち着きと成長力になって来ると思います。

お父さんがクロフネだし、クラシックの結果次第ではダート路線へ行くことも充分あり得ますが、これからが楽しみになりました。

2着サトノレイナス

ルメールヤベー(笑)またやられたかと思いましたが、凄い良い競馬でソダシの勝利に箔が付きました(笑)その姿からアーモンドアイを期待する声もある様ですが、末脚のキレは確かなのは分かったけど、まだまだ未知数ですかね。

3着ユーアレーベン

結果、当たってても安かったから良いんだけど、取った人は美味かったですね。

思ってたよりソダシが売れてなかったので、あれだったらソダシから買いたかったですけど、1、2番人気軸の3連複・・・つまらんよなぁ(笑)

こんな事こだわってるから勝てないんだろうなあ(~_~;)

さて、来週は朝日杯フューチュリティSかな?

全く有力馬知らないけど、そろそろ芝のレースも荒れようよ(笑)

では、( ^_^)/~~~