2021年安田記念回顧。

こんばんは,すがのおーじです。

安田記念はよもやのダノンキングリーの覚醒で幕を閉じましたが、馬券の師匠であるウチの親父によく言われたのが「人気落ちした馬を狙え!」と言うこと。

馬券的には、もはやセオリーの一つではあるのですが、下手するとずっと追いかけ続けて当たった時には相手が堅くて安かったと言う事は良くある話で(笑)なかなか「行うは難し」なんですけど、先週の様に人気落ちを狙い続けていれば良いだけの話なので、僕の今の買い方はよーするに「中途半端」なんですよね。

昨年の大阪杯1番人気3着から始まり、秋天では3番人気12着とずっと人気しては裏切り続けていたんですが、休み明けは元々走るし、先週のダービーなどもあり、各ジョッキーかなり駆け引きあったと思いますが、インディなどが前へ行った事でペースが流れて差し馬向きの流れになった所でルメールのグランはそこまで計算して直線入るまで目標にならない様に我慢して仕掛けたんですが、今回はそれを上回る走りを見せたダノンキングリーが強かったという事ですね。

安田記念

1着ダノンキングリー

もう殆ど書きたい事は書いちゃいましたが(笑)先週の福永騎手パターンで、川田騎手してやったり!

距離的にもベストは1800M?ってぐらい好走条件に注文がつきそうなタイプですが、今後の走りで本格化なのか、たまたま条件がハマっただけなのかハッキリしてくると思います。

2着グランアレグリア

あれで負けたらしょうがないというぐらい隙なく走りましたが、流石にヴィクトリアマイルとの連覇した馬は過去出てないというのは伊達ではなかったという事でしょう。

マイルG1完全制覇も夢と散りましたが、サンデー亡き後もこれだけ次々と歴史を塗り替えようとする馬達が輩出できてる事に日本の競馬のレベルアップはまだまだ続いているんだなと実感します。

3着シュネルマイスター

斤量差と前走走破時計から本命も考えたんですが、やはりこの時期の3歳でもトップクラスなら斤量差で十分対抗出来る事を証明しましたね。

まだ身体も完成してないし、秋は更に上を目指せる器なのでしょう。

横山武史騎手も着実に成長していますし、今後が楽しみになりました。

さて、来週はG1お休みというか残りは宝塚記念だけか、相変わらず早いσ^_^;

2BRO.動画見てたら「帰ってきた魔界村」に挑戦したくなったんですけど、取り敢えずまだバイオミュータントもリターナルも終わってないので積みゲー消化出来たらご褒美に買おうかと思います(笑)

PSストアも大型セールやってますが(PS plusが12ヶ月分25%OFFなのは年に一回のはずなので悩んだけど、マルチやらないから、また年末に20%OFFぐらいで購入予定(笑))ただ、クレカ作ると2%割引になるというのは以前提案してた事なのでちょっと自慢気(笑)

新作ソフトダウンロード予約に関しては5%ぐらい行ってもいいと思うぐらいですが、取り敢えず扉は開けてくれたので評価しよう。

では(^^)/~~~

ラスボスの倒し方よ(笑)

2人プレイは面白アイデアだったけど、相方スキル有能過ぎてゲームバランスに支障きたしてるσ^_^;

これはこれで面白いし、死にゲーのお遊び要素としては成立してるんだけどね(笑)

最近、色々忙しくなかなかバイオミュータントやる時間が取れませんが何とか2体目のワールドイーターまでは倒しました。

頑張って良いとこ探します(笑)いやいや、でも開発もアプデマメに入れて頑張ってるし、やっぱりゲームもそうだけど、音楽って凄い大事なんだなと改めて感じました。

開発のナレーションに頼った?こだわった?意図は分からないけど、遊んでて違和感感じるのはやっぱりBGMが静かでその上ナレーションだけよく喋るものだから余計に敵視された部分はあると思う(^_^;)

まあ、この件に関してはクリア感想の時にしっかり語りましょう(笑)

結局アップするのに1週間掛かってるよ。

どんだけ上げたくなかったんだ(苦笑)